Youtuberは、永遠か?

小学生が将来成りたい職業のトップがYoutuberだというくらい、時代のトップにあるYoutubeですが、遅ればせながらということなのか、最近は多くの芸能人もYoutuberとして活動を始めています。
しかし、Youtuberという職業?ビジネスモデル?は、Youtubeのプラットホーム(あるいはルール)の中でしか成立していないものです。何らかの理由でYoutubeがルールを変えたら、一瞬にして職業?ビジネスモデル?が崩れてしまいます。
世の中にはそういうビジネス形態がたくさんあります。最近では太陽光発電もそうかもしれません。買い取り価格が変わると一気に採算性が悪くなります。国の制度を利用したビジネスは、安定しているように見えますが、制度が変わればあっというまに成立しなくなります。
グーグルにしてもSEO対策という世界は、グーグルのルールに翻弄されます。昨日まで有効だった方法が今日からは無効になる。あるいは、逆効果になった例さえあります。

Youtubeで上手くいったことは、それはそれで良いですが、他にも収益源を持っておく必要があります。オンラインサロンなどがそれなのですが、それらもYoutubeありきなのではないでしょうか。

インターネット自体が衰退することはないでしょうが、そこでのルールはどんどん進化していくことが考えられます。グーグルにしても、Youtubeより収益性の高い方法が見つかれば、そっちに行くでしょう。バーチャルな世界は、カタチがないだけにどんどん変化していくリスクと可能性があります。変化しやすいだけに、それに順応していく体質も求められます。変化のスピードがどんどん速くなっていくと人間が疲弊してくるかも知れません。その時また、新しい考え方が生まれてくるのでしょうが。

ルールにも国や自治体など公的なルールとYoutubeなどの私的なルールがあります。公的なルールが変わるのは時間がかかりますが、私的なルールはすぐに変わります。