同質化の時代、「想い」による差別化がオンリーワンをつくります。

「差別化」は、マーケティングでの大きな課題です。
決定的に違う商品やサービスを持っていれば苦労しませんが、
現代はコモディティ化(同質化)しています。

業態が同じで、商品やサービスが同じなら、
その特徴や提案を訴求しても、競合他社と大同小異です。
表面上のデザインやイメージの打ち出しだけを行っても、さほどの訴求力はありません。


では、どうすれば良いのか。

そこで、重要になってくるのが企業の「想い」です。
例え業態や商品が同じでも、企業や創業者の想いというのはそれぞれに違います。
それぞれの企業の背景や環境によって違ってきます。
その想いと商品のストーリーが大きな差別化になります。
「想い」を込めたストーリーで訴求すると同じ商品でも説得力が違います。

お客様は「なるほど」と想えると、その商品が魅力的に見え始めます。
その商品の意味も理解します。
イメージの打ち出しも「想い」が背景にあると
「なるほど」が生まれて地に足の着いたものになります。

しかし、自社の「想い」は分かっているようで分からないものです。
自社のことは、当たり前すぎて分からないのです。
せっかく深い「想い」があるのに、
それがPRなどのマーケティングに生かされていない場合は
多いように思います。

「想い」による差別化プランは、まず「想い」が何かを明確にすることが必要です。
話をお聞きし、その中からキイワードを見つけて話を深く掘り下げてきます。

そうするとその会社の「想い」や商品に至るストーリーが見えてきます。
現状でのブレなども分かってきます。

そうやって明確化した「想い」を
商品のパッケージやパンフレット、告知物、WEBなどに、
具現化していくことで、同種の商品や業態でも、
他社とは見え方が違ってきます。
その会社のお客様には、より地に足の着いた印象になり
安心感や期待感が生まれてきます。

ご興味がございましたらご相談ください。
「想い」による差別化プランは、
企画会社だからできるワンストップでお手伝いいたします。

*お問合せ