時間と幸せの作り方。

文明の発達は、人間の動物としての機能や能力を退化させると思っています。文明とはつまり「利便性」です。「利便性」は、人間の機能の何かを代行するものです。
歩く代わりに自動車に乗る、記憶する代わりに写真に撮る、録音する、書き留める、書く代わりにパソコンで打つ。その結果、足腰は弱くなり、記憶も悪くなり考えることをしなくなり、漢字が書けなくなっていたりします。
大昔、文明がなかった頃はすべて人間の機能と能力でやっていたわけです。その分、時間もかかったり、命を落としたりということはあっただろうけど、人間そのものの能力は鍛え続けられていたのだと思います。
今から100年以上も前に建立された見事なまでの寺社建築や芸術品などを見ると、そういう失われた能力の輝きを感じるような気がします。

現代社会は、文明や近代社会の仕組みが発達することで作られていますが、それが人の幸せにつながっているのかと言えばはなはだ疑問です。

資本主義の仕組みの中で1%の人が99%の富を得て、99%の人は利益や成長と言った呪文の元に人生の時間を過酷な労働につぎこみます。

昔は、不便で危険だけど人生の時間はある、今は便利で安全だけど時間がないという状態なのではないでしょうか。
もちろん、その時間が必ずしも幸せにつながるとは言えませんが。

しかし、上記のような矛盾というかやるせなさは、無意識のうちに誰もが抱えているはずです。おそらく本能で分かっているのです。

そういうことに気づいて是正していこうという動きもたくさん出ています。
文明を排除した自然の中での暮らしや有機農業、ミニマルスタイルなど、しかもそういったことを実戦しているのが、昔を知らない若い世代というのも興味深いことです。彼らは、本能的に「違う」と感じているのでしょう。

そういったアンチテーゼは、社会の仕組みにも現れています。
その一例がグーグルの「頑張らない働き方」でしょうし、 佰食屋の経営方針(一日百食しか販売しない)でしょうし、ZOZOの「嫌なことはやらなくて良い+6時間勤務」でしょうし、「パートがいつ来てもいつ帰ってもいい」大阪のエビ工場でしょう。今までの概念の真逆です。しかし、それで成功しているわけです。

人間は、慣れと既成観念に騙されます。「そんなものなのだ」と思ってしまうと思考停止して、自分の疑問を押し殺してしまいます。
その結果、無意識のムダや苦難を見過ごし、それに耐え、人生の時間をムダにしてしまいます。

時間は、すべての人に平等です。どんなにお金持ちでも1日は24時間しかないのです。しかも、いずれは妥当な年齢で死にます。
時間が幸せにつながるのかどうかということも、価値観のひとつなのかも知れませんが、与えられたひとつの体と心、1日24時間は、すべての人に平等です。
それ以外のことは、いろいろな理由で差違や不公平が生じます。そう言う意味では、体と心、時間をいかに自分の好きに使えるかというのが幸せにつながるのではないのでしょうか。

それに「頑張らない」と言っている企業が成功し、「頑張っている」企業が苦境に立たされている現状をよく考える必要があります。

慣れと既成観念に縛られている現状を見直してみる必要はあると思います。

調査の精度。

2020年7月下旬時点で、連日TVでは「感染者数」の増加が報道されて、印象操作するかのように感染の恐怖が煽られているようにさえ見えますが、あちこちで指摘されているように、あの「感染者数」は「感染する危険性」についてはまったく意味のない数字です。なぜ、それが連日報告されるのかが不思議です。

物事の傾向は、系統立てて調査をしなければ分かりません。あの「感染者数」の母数(=検査数)は同じではありません。PCR検査の体制が整ってきているので、検査数つまり母数自体が増えているので、仮に陽性率が同じでも「感染者数」は増えて当たり前。あるいは、陽性率が20%下がっても検査数が倍になれば「感染者数」は増えるという、「感染者数」だけを見ていると矛盾した話になります。

重要なのは陽性率ですが、しかし、そこもあまりあてにはなりません。
そもそも、東京都などは検査をするのが、夜の街とか怪しい場所(=陽性率の高そうな所)を狙って検査数を増やしているので、あれが東京都全体を代表しているわけではありません。むしろ偏った特性の母数と言えます。そんな調子であちこちで異なった母数と特性の検査をした結果の数字を並べても何の比較にもなりません。

一般の人の関心のある「感染の危険性」を計るには「市中感染率」を計らないといけないと思いますが、それをやるには、一定の検査エリアをいくつか設定し、傾向が見える相当数のサンプルをきめて、継続的にPCR検査を繰り返した上で経過をみなければ分からないはずです。
それをやるには、とんでもない数のPCR検査を継続させていかなければなりません。実際問題不可能なわけです。
つまり精度の高い「感染の危険性」を知ることは実際問題無理なのです。

そんな中でまだ指標のひとつになるのが「陽性率」だと思います。しかし、PDR検査自体の精度は60%だと言われています。疑陽性疑陰性が4割の高い確率ででるらしいです。
こういう背景を考えるとTVで報道される「感染者数」が「感染の危険性」を計るにはいかにあてにならない数字かということが分かると思います。

これはマーケティング調査でも同様です。調査の仕方をよく考えないとまったく意味のない数字になってしまいます。
乱暴に言えば、よほどの規模でやらないとマーケティング調査はあてにならないとも言えます。よほどの規模というのは一般的な企業では採算が取れないレベルです。生活消費財を扱うユニリーバやP&Gなどのグローバル企業は、マーケットが超大なので、そのレベルの調査を行うようです。

企業や商品にもよりますが、アップルは調査をやらないことで有名です。亡くなったスティーブジョブズは「マーケティング調査など何の意味もない」と言っていました。

「納得」の威力。

人は納得して初めてその物事が自分の中に消化されます。
「納得」は、リアリティや信頼や感動、想像力を生みます。そうすると行動に現れます。
「納得」するには、対象の物事+理由(背景)という2つの情報が必要です。そこには、必ずストーリーがあります。「こうだからこうなる」「これこれは、こういう理由です」「こうした結果、こうなりました」というようなストーリーです。

よく「ワケあって安い!」というような売り出しがありますが、ただ安いというより、なんか理由がある(およそ周知された類いの)だな、なるほど。という納得が一応生まれます。一応というのは、まだ疑念が残るからです。「ワケ」を具体的に提示していないからです。ひょっとしたら、ウソじゃないか?も思ってしまう余地があります。

しかし、「今回、倉庫で荷崩れを起こしパッケージが傷んでしまい、出荷できなくなってしまいました。しかし、中身には何の変わりもありません。そこで格安でお売りします」とかいてあると、安さの背景が具体的に分かるので、「なるほど」中身自体は同じだという安心が生まれます。
安心して安値で買って「得した」満足感が生まれます。さらに、売り手にも「正直なお店だ」という好感も生まれます。次回同様なことがあって、多少情報が少なくても「誠実だ」という印象があるので信頼します。

「納得」してもらうことは、とても大きな効果を生みます。しかし、以外と世の中の情報は、納得感が薄いことが多いです。「皆まで言うな」あるいは「あとは推し量って分かってね」というような日本人の文化なのかも知れません。
新型コロナに関する国の発信情報も驚くほど、背景や理由が説明されません。だから混乱を招きます。

海外は説得納得の文化です。海外の通販のTVでは、商品が優れている理由を手替え品替え繰り返し繰り返しこれでもかと説明されます。

そのうち買いたくなってきたしまったりします。そこには「納得」が生まれるからです。

逆の立場で考えると、大事なことについて理由をちゃんと説明されないともやもやしませんか?
うまく納得を生み出すことは、あらゆる事において、もちろん販促でも、とても重要な事なのです。

真実を見極める目。

世の中には、まことしやかに意図的に流される情報や無意識にあるいは無頓着に(無責任に)流される間違った情報も多くあります。

同じ物事についてまったく相反する情報もあったりします。そうなるとどちらが正しいのかは自分で判断するしかありません。
あるいは情報そのものを一時的に判断できない場合、誰かの判断に頼らなければいけませんが、それを判断評価している人の話、つまりその人がその情報について信用できる人なのかどうかを判断する必要があります。それはつまるところ自分です。

ものごとは「水は低きに流れる」のが基本です、低きに流れていない場合、どこかにカラクリがあるわけです。やっかいなのは、低きに流れているかどうかも分からない時もあります。つまり、流れ出す場所と流れ着く場所が特定されていないときです。流れていると言うことだけがわかっていて、場所がわからない、そんな情報もあります。

例えば、何かが売れていると評判だという情報があるが、どこで誰に売れているのか、いつ売れているのかが分からない。漠然と売れているという情報がある場合。まず、それは本当なのか?と思います。どこからの情報なのか?なぜその周辺の情報がないのか?などと、つっこんでいけばいろいろ不明点が出てきます。

逆に、オフィス街でビジネスマンに売れているという事が分かったら、何故売れているのか?ビジネスマンと言ってもいろいろいる。どんなビジネスマンが何のために買っているのか。それが分かった時点で、なるほどと思う場合もあれば、え?なぜ?という場合もあります。そのように、その背景を詳しく詳しく追求していかなければ真実は見えません。

いかんせん、人間は先入観にとらわれて、なぜ?なに?を忘れがちです。

今、新型コロナの情報が毎日マスコミで流されていますが、よく考えるとおかしな事があります。
毎日天気予報のように「感染者数」が報じられ、それに一喜一憂して危険だとか第二波だとかという風に振り回されていますが、あの「感染者数」はまったく意味がない数字です。
なぜなら「検査数」が毎日異なるからです。全国比較にしても課調査数や調査条件もバラバラです。あれは単に「今日、分かった感染者数」でしかありません。つまり国民に対する比率も定量的な推移もまったく分からないものです(感染者数の中の死亡率には意味があります)。

それは、感染症の専門家も言っているし、例えば東京都の小池知事自身が「これは、検査数が増えたために増えた数字だ」と言っています。そんな数字を発表する意味があるのだろうかと思いますが、その数字に世間は一喜一憂しています。おかしくないでしょうか。一喜一憂する必要のない数字です。当初から、まったく意味のない数字だとTVで言い続けている専門家もいますが、おかしなことにその声はまったくとりあげられません。

これは、世間が「お上の言うことは正しい、うそがないはずだ」という先入観というか固定観念にしばられているため、その数字の根拠を疑おうとしないし、「これは、検査数が増えたために増えた数字でもある」という話も耳に入っていません。
疑いを向けるマスコミがいないことも不思議です。

また、新しい生活スタイルとして「マスクをしてソーシャルディスタンス」と提言されていますが、マスクをすればソーシャルディスタンスは必要ないはずです。なぜなら新型コロナは飛沫感染であり、空気感染ではないからです。またしゃべらない(つまりはツバを飛ばさない)のならマスクもソーシャルディスタンスも不要なはずで、これは感染症の専門家もそう言っているし、よく考えると小学生でも分かる理屈です。

しかし、世間はそこをうたがわず盲目的に「マスクをしてソーシャルディスタンス」を実行し、劇場や映画館、飲食店の経営をどんどん悪化させています。そもそもそんなことがお上から提言されること自体おかしいのですが、まったく非論理的(非科学的)な情報がまかり通っています。このまま行けば社会は破綻してしまうかも知れません。(余談ですが、その割りに何かというとエビデンスは?なんて裏付けを要求したりする人がいたりします)

このウイルスの沈静化は、専門家が口を揃えて数年かかると言っています。そんな長期にわたって劇場や映画館、飲食店が「マスクをしてソーシャルディスタンス」を続けて経営がなり立つわけがありません。そこも疑われません。
誰かに聞かなくても「マスクをしてソーシャルディスタンス」がおかしいことは理屈を考えると分かります。

なぜ、思考停止になってしまっているのでしょうか。分かっているけど無難にやりすごそうとするからでしょうか。それで済めば良いですが、実際老舗のブランドを始め多くの企業が破綻し始めています。
真実を見極めて、真実に従って行動しないととんでもない方向に舵を切ってしまいます。

ムダが多い日本の組織。

生産性が低い、ムダが多いと言われる日本の企業。それがこのテレワークであぶり出されてきたと言われます。ひとりひとりがパソコンで個々に仕事をするという形態になると、仕事の分担をはっきりしないといけなくなります。
そこで、仕事の分担がはっきりしていなかったことに気づいたりします。

欧米は良くも悪くも個人間の線引きがはっきりしていると言われます。仕事についても「あなたは何をする人か」ということが問われて、仕事の区分けが明確にされ、同時に責任も明確になります。
日本は、その逆、まず責任の所在を不明瞭にしようとします。連帯責任と言えば聞こえは良いですが、みんなで責任というような意味の分からない感覚があります。
そのために、複数が同じような作業をしたり、あるいはそのために作業のコントロールがしにくくなったり、全体を把握しにくかったりします。
私どもが外部スタッフとして企業と関わる中でも、打ち合わせに数人でてこられて意見を言われたりしますが、何をしている人なのか、その案件ではどういう役割の人なのか分からない人がおられたりします。
また、業務を複数で担当していたりして、それは良いのですが、その複数の人の連携がうまくとれていなかったり。

外から見ているとムダが良く分かります。

結局ひと言で言えば、機能分化されていないということだと思います。組織ひとりひとりの機能が定義されていない。だから責任感も生まれなかったりします。

逆に言えば、自分が何をするべきかを明確に分かっていない人も結構おられます。また、業務内容とお金の連携が意識されていないこともあります。私どもにどんどん業務を依頼いただくのはよいのですが、それには費用が発生するということが、不思議ですが意識されていないこともあります。その辺は、誰かが処理してくれるという意識。

あるいは、話の段階がごちゃまぜになって、私どもがどこからどこまでを担当すれば良いのか分からない場合。依頼するご本人自身が、ご自身がどこまでやるべきかを意識されていない。

こういうことが氷山の一角だとすると、驚くほどのムダが社内を渦巻いているはずです。
そんなことで、これからの時代を生き抜けるはずがありません。
こういったことは、結局、経営者次第なのです。

社内を機能分化する。それだけで、ムダは大幅に減るはずです。

マインドが時代遅れの百貨店という業態。

かなり前から百貨店という業態自体が問われています。
年々少しずつ業績が落ちています。一時的にあがったとしても、長期的には、業態自体が時代に合っていないのではないでしょうか。今はまだ、百貨店を愛した高齢者層がいて、愛着やネットリテラシーやライフスタイルなどから、半ば慣習的に百貨店を使っていると思いますが、それより下の層には、百貨店を使うという必要がないと思います。

また、百貨店の重要なマーケットである贈答品、特に季節の贈答も同様に若い世代にはその習慣が薄れつつあります。言い換えると高齢者層は新たな購買先を探そうとする意欲が低いため、慣習的に百貨店を使っているのではないでしょうか。若い世代はより自分の欲求を満たしてくれる購買を探します。昔は、百貨店に行けば何でも揃う、そういう利便性がありました。ほかに選択肢がなかったからです。しかし、今はいろいろな業態のお店があり、利便性、価格性などで使い分けることができるようになりました。

この「使い分けることができるようになった」ということが、昔と大きく違います。昔はいわば、買い物の集積所だった百貨店ですが、いまは、選択肢のひとつでしかありません。その存在になると何かの専門性に特化しなければ存在意義がなくなります。消費者が使い分けをするのですから、選択権は消費者にあります。しかし、百貨店は未だに「なんでもそろえたお店」です。しかも特に安くはありません。

百貨店のアドバンテージは、基本的に「昔からある格式」的なイメージでしかありません。同じ商品を送るにも百貨店から送ると値打ちが違うという感覚。しかし、そういう感覚は、どんどん廃れて、世代が下がるにつれてどんどん不要なものになっています。

なぜなら、百貨店はもうお買い物の王様ではないからです。昔は、百貨店はお買い物の王様でした。高級ブランド、老舗、話題の商品など、百貨店に行くと集まっていました。そういう利便性と店内の高級感(元々はお金持ち相手だったから)で、庶民にはあこがれのお買い物でした。王様での買い物は権威があり、ありがたく、贈り物には価値がありました。

しかし、今はお買いものの王様はネットショップだったり、アマゾンだったりします。お取り寄せや、こだわりブランドなどの専門店も多彩にあり、それらを探し当てる手段もあります。要は、昔は価値あるお買い物の情報集積所としての機能と価値が百貨店にはあったのですが、いまはありません。むしろトレンドものなどは、百貨店の方が遅れていたりします。その点でまず百貨店の利便性には価値がありません。現物を見られるという点はありますが、多くの情報や、発達したコメント機能などで、ネットでも現物の様子がかなり分かります。ひょっとしたら若い世代には、百貨店からのお中元より、アマゾンからのお中元の方が今的で値打ちがあるかもしれません。

などなど、他にも物理的な変化があるでしょうが、それよりも百貨店のマインドこそが時代について行っていないのではないかと思います。どこまで行っても相変わらず殿様商売的な匂いが残っています。百貨店のネットで購入しても、普通のネット販売では当たり前になっているような配慮がされていなかったり。お客さんに面倒を強いても当然といったような状態があります。お客さんの利便性への配慮が驚くほど遅れてるというより、マインドとしてないのではないかと思うほどです。「お客さま第一」と言葉では言っていても、実態はそうではありません。そのあたりの不一致さも時代遅れな感じがします。

おそらく一事が万事、あちこちにそういうマインドが現象としてもあらわれているのではないかと思います。今はまだ、そういうことに無頓着な利用者層がいますが、世の中の顧客志向になれた、というかそれが当たり前になっている時代に育ってきた世代には、敬遠されていくでしょう。

アマゾンなどの洗練された顧客志向になれた消費者には、極端に言えば百貨店はもう、ある種の世界のお店という存在ではないかと思います。よほどのことがない限り百貨店では買わないという風になっていくのではないでしょうか。実際、百貨店に行くのは、欲しいブランドが入っているからだったりします。百貨店だからという理由ではありません。それは、そのブランドが路面にあればそこにいきます。

もちろん、百貨店の従業員も世代が若くなるので、世代感覚としては同じでしょうが、百貨店の経営者がその世代になるのは時間がかかるでしょうし、染みついた体質というのはなかなか変わりません。そうこうしているうちに、百貨店マーケットの方が、どんどんしぼんでいくのではないでしょうか。

梅田の阪急百貨店に「メンズ館」というものがありますが、予想に反して好調なようです。庶民の男性も装いに気を遣うようになったというマーケットにメンズのファッション関係だけに特化した「百貨店」です。こういった特価の仕方が百貨店業態のひとつの方向ではあると思いますが、それはもう百貨店ではありません。カテゴリー専門館でもいいましょうか。専門店を集積することによりそのカテゴリーの集客力を持つということです。しかし、店舗業態であるという面で安泰ではないような気がします。

いわゆる従来の「百貨店」という業態では、今後は成り立っていかないのだと思います。新しい業態に変化できるかが「百貨店」企業の生きる道なのではないかと思ったりします。

(グラフはsearch.comのもの)

新型コロナ第二波、第三波の時に。

全国的に休業要請が解除されてきました。今回のことでは、働き方やオフィスの在り方など、様々な課題があぶりだされました。リモートワーク(テレワーク)やネットビジネスなど、あまり活用されていなかったインターネットツールが各企業のビジネスの標準として存在感を高めて、取り組みが始まっています。

新型コロナは第二波が予想されています。現在の情報から考えると、まず十中八九、秋〜冬にかけて起こりそうです。その時には、また自粛要請休業要請が出るかも知れません。そのときにどのように操業できるのかを想定しておくことが重要です。この先そういった流行の波の可能性は充分にあります。その度に右往左往していては、ビジネスがたちゆきません。ウチはネットは無縁だという業態の企業も、何らか取り込んで行く必要があります。そもそも、今の時代でネットは無縁ではありません。積極的に活用するという考えでなければ時代から取り残されてしまいます。

遅れていることより、知らない損。

新型コロナ自粛でデジタルデバイドが浮き彫りに成り、企業間でもその差が目立つようになりました。

遅れている企業は、遅れていることよりも、効率が上がる方法を使っていない損を気にするべきではないでしょうか。

インターネットの活用はこの先、避けて通れないものです。最先端を行く必要はまったくありませんが、すでに浸透して実質的にいろいろな企業が活用できている方法を使っていないということは、知らないがために効率の悪い方法を行っていると言うことです。
先日書いたニトリの社長の出張の例でもそうですが、社長が行かなくてもすんだ海外出張の費用は、旅費、そしてなにより社長の貴重な手間と時間をどれだけムダにしていたでしょうか。

すでに使える効率の良い方法を使っていないのは、遅れているかどうかより、時間と手間の大変な損失です。世の中で誰にも等しく有限なのが命と時間です。ITやネットを軽視するのは時間を軽視するのに等しいと言えます。

あまりにも効率が悪すぎる新型コロナ対策のガイドライン

行政から新型コロナ対策のガイドラインが示されていますが、その多くが実際問題として事業としての収益性を考えるとやっていけないレベルではないでしょうか。多くの人がそう思っているにもかかわらず、アクリル板の需要は増加しています。

専門家からも大袈裟すぎる、そこまでしなくても良いとの指摘もありますが、世間の空気がそれを許さないところがあります。

とにかくそれをしなくては事が進まないとやっていうる人もいれば、本当に感染を恐れてやっている人もいるでしょう。「正しく恐れる」とかなり前から言われていますが、現状は層はなっていません。過剰に恐れている状態ではないでしょうか。

行政からそのような過剰なガイドラインが出ている理由のひとつには、責任問題があるのでしょう。日本では何か起こると、その本質的な原因ではなくまず誰の責任かという話になります。そのため、逆効果で責任の所在が分かりにくかったり、責任か被らないような過剰な対策になったりします。現状のガイドラインは、0コンマ何分の1かの感染確率に対して、それをゼロに近づけるような対策です。あまりにも投資効率が悪すぎます。

営業店の方ももし感染源になると風評被害も含めて・・・・と思うから過剰な対策をせざるを得ません。

緊急事態宣言期間に自粛していたのは、感染者が爆発的に増えそうな状況で医療崩壊を防ぐためです。極端に言えば、感染を広げないことより、医療崩壊を防ぐことの方が大事だったからです。もちろん、感染拡大防止が医療崩壊も防ぐのですが。

感染者が爆発的に増えない、もしくは増えておらず、医療体制に余裕があれば、少々の感染者がでても対応できます。今(6月初旬)は、その状況になりつつある、あるいはなっていると言うことなので、緊急事態時とは少し違います。

感染者を出さないようにする事はもちろん重要ですが、その対策にどれだけの犠牲を強いるかという面で、現状は犠牲が大きすぎる状況になっています。
この状態は、続かないでしょう。劇場や飲食店が、4分の1の席数で収益が上がるはずがありません。アクリル板越しの接客などもいまは、ご祝儀で来てくれるお客さんも居ますが、そのうち減るでしょう。楽しくないからです。ほとんどの劇場や飲食店は、楽しさが売りです。そこを犠牲にして成立するはずがありません。
しかし、とはいえ、どうしようもない現状があります。だからといってそのままずるずる収益性のない状態を続けられるものでもありません。

いろいろな場面で、業態が変動しています。従来の営業形態は、様子を見ながら戻していく(いつかは戻るでしょう。しかしいつなのかは見えません)ことを考えながら、異なる商売のやり方も実行していかなければなりません。

オンラインを使ったやりかたは、やはり接触がないという面で、もっとも利用しやすい形態です。オンラインで売るだけでなく、情報提供によっても可能性が生まれるかも知れません。
オンライン利用になれてきた消費者は、以前よりも生活の意識の中にオンラインがあると思います。いままでオンラインでの取り組みがあまりされていない会社こそチャンスがあるかも知れません。

コロナ自粛の意外なメリット

コロナ自粛によってテレワークを余儀なくされて、社内だけでなく社外との打ち合わせもオンラインで行うようになりました。
その中で、便利だという以外に「失礼にならなくなった」というのがあるようです。

今までは、オンラインの打ち合わせで済むことでも、それをやると手を抜いているようで、ちゃんとお伺いしないとお客さまに失礼だというような意識があった。しかし、この度のことでオンラインに慣れたり、それでも充分事足りることが分かってそれがなくなったという事らしいのです。実に日本的な話ですが、実際それはあると思います。

今でこそ、ビジネスの連絡をメールで送るのは当たり前ですが、メールが登場した頃は、世間はメールで済ますのは失礼だという意識でした。
いまでも、まだ重要な話をメールで送るのは失礼だという意識はあるのではないでしょうか。

話は違いますが、TVでニトリの社長が、海外の工場との会議をオンラインで行って、それで十分なことが分かり、今までの海外出張はなんだったんだと思ったと話していましたが、そういう風に気づいている企業はとても多いと思います。

礼節を重んじるのは日本の良い文化ですが、事によりけりだと思います。ビジネスではやはり合理性が重要、ましてやグローバル化などということは、合理主義の進んだ海外との競争になるのですから、文化と合理性のバランスを考えるべきでしょう。