コロナ後の世の中-7 デジタルデバイド問題

テレワークの利点に改めて気づく企業はとても多いようです。コロナ後もテレワークを標準化すると表明している大手企業がでてきました。これからも増えるでしょう。そうなるとビジネスの形態が大きく変わっていきます。社会的にテレワークが標準化するということです。

うちは関係がないと考えている中小企業は要注意です。大手取引先から、打ち合わせはZOOMでといわれてすぐに対応できるでしょうか。また、いままで紙やディスク、FAXなどで渡していた書類やデータをすべてオンラインで送らなければいけなくなります。その体制があるでしょうか。動きのあるものは動画で撮影して編集して送るのがすぐに出来るでしょうか。

これからの世の中は、IT技術が社会を変えていくと言われています。好むと好まざるに関わらず、ITの見識を高めておくのは必須です。ITに関してただ「利用する」のと、特性や本質、傾向まで理解して「使う」のでは大きく違って来ます。ITの本領を発揮するのはもちろん後者です。前者は、ともすればエクセルをプリントして届けるというような本末転倒を生み出します。
あるいは、10万円給付金のオンライン申請が郵送より手間がかかるという事態を生み出します。
あのシステムをつくったエンジニアがそんなことを分からないはずはありません。それを指揮する人が分かっていないから、あのようなまるでコントかと思うようなナンセンスな事態になってしまいます。エンジニアや現場の人は、矛盾や憤りと戦いながら仕方なく指示された業務をこなしたのかも知れません。

重要なのは、リーダーが理解していることです。なにもプログラムを書けと言うことではありません。重要なのは何がどのようにできるのかです。そのためには、自分で勉強することもそうですが、現場の専門家の話をよく聞くことです。

管理職や支持層で専門家の話をいい加減にしか聞いていない人は以外に多いものです。「だいたい分かってるよ、オレは」という人に限って分かっていません。把握の仕方が大ざっぱすぎて、肝心のツボを把握していなかったりします。

いま、元気があり、可能性を秘めている企業のトップは、概ねITのことを良く把握している人ばかりです。GAFAは言うに及ばず、日本でも例えば元ZOZOタウンの前澤氏は、ZOZO初期の頃、仲間と一緒に本を買ってきて勉強してWEBを自分たちで作っていたと話していました。どこにでもあるものを仕入れて売っているだけのZOZOタウンが何故あそこまで大きくなったのかの重要なポイントが、サイトの見やすさ買いやすさです。自分たちでつくるようになった理由は、外注していていると思うようにならなかったからだそうです。
これはリーダーが、ITの特性を良く把握していたからに他なりません。派手なふるまいばかりが取り沙汰されますが、こういった地道な配慮がZOZOの躍進の原動力になっていました。

分からない事は、分かっている人に聞く。どんな物事でもこれが基本ですが、分かっていないのに分かっている人の話を聞かないために、デジタルデバイドを広げていることは多いのではないでしょうか。

ブランドの終焉?

インターネットサービスの発達は、従来の概念を変えてしまいます。そのひとつがブランド。今でもブランディングという言葉が使われて「ブランド性を高める」ということが必須のように言われますが、それも一部の分野を除いて徐々に効力がなくなって行くはずです。

商品そのものの性能や味が商品価値である商品は、ブランド性が意味を失いつつあります。理由は、ネットショップやブログで、リアルなレビューを見ることができるからです。
提供側、つまりメーカーや販売者からの情報はあくまで、売ろうとする側の都合の良い情報です。極端に言えば、良いことばかり書いてあるわけです。
しかし、レビューは、悪いことはもちろん、良いことでもその程度がどれほどなのかが書いてあり、該当商品が自分のイメージしたものなのか、求めている性能なのかなど、現実に近い情報がいとも簡単に手に入ります。
これは、昔ではあり得ませんでした。
レビューには、先頃問題になっている恣意的なものも含まれる場合があるでしょうが、サイト側もそういったものを排除しょうとやっきになっています。なぜなら、それらが増えるとサイトの信用が落ちて商売に影響するからです。

そういう状況では、例えばソニーというブランドに頼らなくても、自分の目的に見合った(予算:性能)他社の商品の情報が手に入ります。
あるいは、ソニーを買った人から、「ソニーを買ったが期待するほどでもなかった」というようなレビューがあるかも知れません。
ソニーのような「ブランド」には、そのような大きすぎる期待とのギャップによるリスクさえ生まれます。

とはいえ、まだまだブランド性が聞く業界もあります。ステータスになるような商品です。トレンドのファッションブランド、高級ブランド等です。

いずれにしても、「ブランド」の力は以前と状況が変わってきたことを認識しておくべきですね。

お店のアクセスページをもっと愛想良く。

お店や企業に来られる方、つまりお客さんのために地図を載せておられます。しかし、なぜ無愛想な地図ばかりなのでしょうか?
自社で作成した分かりやすい地図を載せているところはまだしも、分かりにくい地図や、住所だけで地図さえ載せていないお店も意外と多いです。来店して欲しくないのでしょうか?
「いまどきだから、調べて来る」そう思っているのでしょう。確かにそうでしょうが、それはせっかく好印象をもってもらえるチャンスを逃しています。

グーグルマップを載せているケースも多くそれはそれで親切ですが、余計な情報もたくさん載っているし、たまにURLが違っていたりしてちゃんと表示されなかったりします。

分かれば良い、分かりやすいのが良い、そういう考えなのでしょうが、地図は必ず全員が見るページです。しかも、地図を見ると言うことは何らかの興味を持って頂いた見込み客です。

そのビッグチャンスを愛想のない地図でお迎えするのは、もったいなくないでしょうか?

地図のページに来たときに、心のこもった、あるいは個性的な楽しい地図があれば、どうでしょうか?お店の心意気や温かさ、店主の人柄などが感じられてさらに興味を持ったり、行ってみたくならないでしょうか?要は、誰もが見る地図のページは、好印象をつくる絶好のチャンスだと言いたいのです。

手書きの分かりやすい地図が載っていると、それだけで「このお店は、優しい人がやっているんだなあ」と感じませんか?それだけでも安心します。

ときどき、お店までの経路を写真で丁寧に載せておられる所もあります。ただ、初めて来る人には意外と分かりにくかったりするものなのですが、よく照らし合わせてみればわかるし、何よりお店の方の「迷わず来て欲しい」という気持ちが伝わります。

弊社のお客さまには、地図のページの重要さをご説明し、工夫のある地図を掲載しています。

防災で地域の活性化。

災害が多くなりました。
より一層防災についてのノウハウが必要になります。
阪神大震災、東北大震災以降、
防災についての新しい視点や情報もたくさん出てきました。

防災は、人命を守るということが第一ですが、
街や地域を守るという面で、生活することだけでなく、
産業や収益という面でも重要です。

災害が起こり被災して工場や交通機関が機能しなくなると製品が作れなくなり、事業が止まってしまいます。
また、工場は大丈夫でも従業員が被災すると製造ができません。
そういった被災しやすい地域は、投資リスクが高いと言うことでもあります。

逆に防災に強い地域で被災しにくいとなれば、
いろいろな投資価値が生まれます。

そう言う面で経済的にも防災は重要な問題です。
地域を活性化させる土台として防災は欠かせない課題です。

重要なのは、仕組みです。
住民、地域、自治体が連携してリカバーできるような体制をつくらなければなりません。
日本人は「自治体がなんとかしてくれる」というお上だより意識が強い傾向にありますが、各地の地震を見ても分かるように、災害時は、自治体も被災することが多いのです。つまり、ちゃんと機能しない場合があるということを肝に銘じておかなければなりません。

重要なのは、まず個人が自分で身を守る、財産を守るということが」できるようにすることです。そのためには、正しい知識を得て、防災意識を高く持っておかなければなりません。住民ひとりひとりがそうなれば、自ずと地域での連携や自治体との連携が生まれてくるでしょう。同時に、建物や道路、避難場所など、ハード面の整備も重要です。

そうして結果的に災害に強い地域になれば、工場誘致や学校、企業の誘致などの強力なメリットになります。
投資家も安心して投資できます。
また、住む土地としても安心なので住民増も期待できるのではないでしょうか。

地域の活性化というと文化的なことばかりに目が行き、無理のあるイベントや中途半端な催しや、即物的な箱物が生まれてしまいますが、「防災」をしっかりやって投資価値のある土地であるという打ち出しを行うのは、経済的効果も生まれるし、住むのも安心だし、結果的にみんなが幸せになるのではないでしょうか。

ムダな会議の法則。

日本の会社はムダな会議(ミーティング)が多いと言われます。

「タイムイズマネー」なのにムダな時間を複数の人数で浪費するのはほんとに意味がありません。かつて私も古い大手の会社に勤めていたことがあり、その点は痛感します。

多数の事業を行うアマゾンなどは、「会議は不要、事業部間の摺り合わせも時間のムダ」と言っています。

日本の場合、なぜムダになるのか考えると、日本独特のいくつか法則があると思います。

1.会議の目的を明確にせずに会議をする。
何を決めるために会議をするのかということを最初に明確にしないまま、会議を始め、成り行きで結論を出そうとするのだと思います。その結果、なんだか良く分からない結論が出て、何も動かない、変わらないということになるのだと思います。

2.集まって話すだけで安心する。
日本人は集まるのが好きです。また、個人個人の機能が分化されておらず責任の所在も明確ではないので、個人の仕事が完結していません。そのため、集まることで共有し連帯責任的な感覚を生み出そうとするのではないでしょうか。

3.根本的に会議で決めることではないことを決めようとする。
目的が明確でないことと関連しますが、そもそも話し合って決めることではないことを決めようとする場合もあります。ある途中のプロジェクトを、特に問題が起きていないのに報告させ、それに関する情報を持て異な人に意見を出させたり。それでどうしろいうのかというような会議も起こります。会議ということを理解していないのでしょう。

4.準備せずに会議をする。
これは、多くの会社で起こりがちなのに見過ごされていることです。

有効な会議をするためには、あらかじめ会議の目的や資料、参加者が知らされ、各自で準備してくることが必要です。そうでなければ、会議に出席しても、参加者と同じ次元で問題を考え意見を言うことができません。

糸井重里さんの言葉を借りれば「個人練習をせずにチームの試合に出る」状態です。それがされていない会議で主催者が参加者に意見を求めて「良い意見が出ない」というのは本末転倒です。良い意見を出せる環境作りが必要です。

5.適切でないメンバーで会議をする。
「ブレーンストーミング」などで起こりがちですが、とにかく「人を集めて自由にアイデアを出す」と良いアイデアが出ると思ったら大間違いです。ほとんどの「ブレーンストーミング」が時間の浪費に終わる理由がここにあります。

「ブレーンストーミング」は、テーマについて同レベルで考えられる人が集まらないと意味がありません。相応の問題意識、知見、経験などがあって初めて成立します。ですので、「ブレーンストーミング」が有効な場合というのは極めて少ないはずです。「ブレーンストーミング」は意味が無いという人もいます。

要するにその会議で討議されるべき問題について相応の問題意識や知見を持って居るメンバーでなければ議論にならないということです。

6.会議ありきで会議をする。
日本の場合、これも多いのではないでしょうか。「定例会議」と称して、必要も無いのに集まって茶話会のようなことをする。ある種の休憩時間のようなものになります。

まれに、こういう雑談からアイデアが出ることもあるでしょうが、それは単なる偶然だと思います。そういう偶然を狙える余裕のある会社においては良いのだと思いますが、他にもっと有効な時間の使い方もあるのではないでしょうか。

——-
他にも法則があるかも知れませんが、根本的な原因は、日本の組織が個人に於いて機能分化されていないと言うことだと思います。
そのため、いろいろなことが曖昧になります。「ソウレンソウ」が必要というのもそれが原因ではないでしょうか。

「どんどん個人にまかせるべき」と言われても、業務の範囲が明確にされていないので任せられないし、任されても困るという部分が出てきます。

ものごとは、事情を分かった人間が考え抜く方が良い結果がでます。冒頭のアマゾンの「会議はムダ」もそういう考えが根底にあるはずです。海外では、個人の責任と義務の範囲が明確にされています。そのため、解雇もドライなのですが、組織の基本は、個人の役割を明確にすることなのではないかと思います。
そうすれば、自ずとムダな会議はなくなるはずです。

重なったホットケーキのバターの塗り方。

いまどきはパンケーキというようです。分厚くてたくさん重ねたパンケーキが流行っていますが、昔ながらのホーとケーキは2枚重ね。

あの、2枚重ねのホットケーキ、みんなどうやって食べているのだろう。
課題は、バターの塗り方。
下になってる方へのバターです。

上を食べてからだと、冷めていてバターが良くのびない。
かといって、狭いお皿で2枚同時にバターを塗るのは至難の業。
下は塗らないという割り切りもあるだろうが、味が片手落ちになる。
私は、上をそうっと持ち上げてバターを挟み込んで、
上下の熱で溶かすということをやってしまう。
しかし、スマートではない。

一体、ホットケーキで上にちょこんと載せられた四角いバターと
持ちにくい容器に入ったシロップ。
どう使うことを想定されているんだろう?