Amazonの実態。

Amazonを分かりやすく分析した本がでている。

とても面白いというか興味深いというか、空恐ろしいというか、完全に新しい時代の企業だということと、時代や社会は、回り舞台のように変わりつつあるということを実感した。

一番の驚きは、アマゾンは小売業ではなく、IT技術の売上で食っているということだ。小売業は今に至っても赤字らしい。なんということか。そのあたりのアマゾンマジックを本では解説しているが、上手く仕組みを作った結果の巨大なキャッシュフローで次々と投資し、新しい事業をてがけている。我々の知らないところでもアマゾンは、世界の根幹部分に進出している。

そして、この創業者は、一般的なIT企業の創業者にありがちな理屈っぽいイメージとはかけはなれた商売人だと知りました。なので、ITの新しい企業だけれども、泥臭いほどの商売根性でやっているという印象。

また、そもそも今までの企業がおざなりにしていた、あるいは見過ごしていた部分をアマゾンがちゃんと拾い上げているという印象もある。
まっとうに客の利益を追求していって、自社の資源を活用し、ノウハウを横展開し、と、当たり前のことを地道に積み重ねた結果とも言える。

小売業においてのアマゾンのアドバンテージは、品揃えと低価格だ。客にとっての利益は、これに勝るものはない。そのあたりも良く分かって妥協をせず徹底的にやるところが、アマゾンのすごさなのだろう。

昭和生まれの僕などの「新しいサービスやショップができると、便利だけど必ず少し値段が高い」という昭和の価値観も、アマゾンには根本的に打ち砕かれた。アマゾンは、いつもカカクコムの上位にいる。

もうアマゾンの圧倒的な増殖状況に、地球の社会の仕組みがついて行っていないところがある。

JASRACのやり方がかねてから問題になっているが、もしアマゾンが音楽の著作権ビジネスに商機を見いだしたら、最先端のIT技術を使って思ってもみない方法で一気に展開してJASRACなどひとたまりもないと思う。しかし、アマゾンにとっては、マーケットが小さすぎて興味ないかも(笑)