過剰丁寧な接客。

コンビニでも「いらっしゃいませ、ようこそ○○○へ」などと
勢いよく挨拶をしてくれるところがあります。

来店されたお役様への挨拶は大事だとは思いますが、
スタッフ全員でなんども「いらっしゃいませ、ようこそ○○○へ」などと言われると,
心がこもっているようには思えず、機械がしゃっべっているように感じてしまいます。
実際、研修でそういうようにさられたからなのでしょうが。

たかがコンビニへちょっと買い物によった程度で、
そのような歓迎は大げさではないでしょうか。
声の出し方かけ方の問題でしょうが、
普通にいらっしゃいませって一言言って頂ける方が
よほど心がこもっているように感じます。
あまり過激に挨拶されるとお店に入るのに気後れしてしまいます。

高級スーパーやファッションチェーンなど
若い人が働くお店で過剰な接客を感じることが多いです。
丁寧すぎると、悪いですが少し気持ち悪いです。

チェーンストアで一定の質の接客を提供しようとすると
このようなことになるのかも知れません。

これらを丁寧だから良いと感じる人も多いのでしょう。

ファッション業界などでよく問題になるのがお客さんへの声のかけ方ですが、
これは、本当に重要で、過剰だと、もうそのお店にいかないというのは
若い人でもあるようです。

ほどよい接客が一番心地よいのは真実で、
過剰な接客は「ちょっといやだな」という気持ちを持たせます。

ゆっくりみたくても、そそくさと出てきてしまいます。
ほかに同じような店ができたらそっちに行きます。

過ぎたるは及ばざるがごとしで、過剰な丁寧も間違った接客のひとつと言えるのではないでしょうか。