遅れていることより、知らない損。

新型コロナ自粛でデジタルデバイドが浮き彫りに成り、企業間でもその差が目立つようになりました。

遅れている企業は、遅れていることよりも、効率が上がる方法を使っていない損を気にするべきではないでしょうか。

インターネットの活用はこの先、避けて通れないものです。最先端を行く必要はまったくありませんが、すでに浸透して実質的にいろいろな企業が活用できている方法を使っていないということは、知らないがために効率の悪い方法を行っていると言うことです。
先日書いたニトリの社長の出張の例でもそうですが、社長が行かなくてもすんだ海外出張の費用は、旅費、そしてなにより社長の貴重な手間と時間をどれだけムダにしていたでしょうか。

すでに使える効率の良い方法を使っていないのは、遅れているかどうかより、時間と手間の大変な損失です。世の中で誰にも等しく有限なのが命と時間です。ITやネットを軽視するのは時間を軽視するのに等しいと言えます。

Follow me!