買わない客は買わない。

営業でも販促でもお客さんにアプローチする場合に忘れがちなのは、
興味のない人は、基本的に買わないと言うことです。

商品にもよりますが欲しくないと思っている人を欲しくさせるのは
相当な手間が必要か、もしくは無理です。
そしてそのような努力はムダです。

モノが有り余っている今、欲しくない人は、どうやっても欲しくなし、
買いそうな客は興味を示します。
興味を示さない人にいくら説明しても逆に嫌われるだけです。

これは販促でも同じです。興味がない、ニーズがない、
対象ではないのに何度もアプローチされたらしまいに怒りさえわき起こってきます。

そういう面で、「見込み客」を探す作業はとても大事です。