販促文の書き方。

販促の文章は営業トークと同じです。
それを言えば相手がどう思うか、
どういう印象になるかと言うことを
想像しながら書く必要があります。

こちらが言いたいことを書けば良い
というものではありません。
こちらが意図したように相手に伝わることが大事です。

だから読み進むにつれて変化する
相手の心理を想像しながら
書かないと伝わる文章になりません。