差別化とは。

差別化は普遍的な課題ではありますが、
だからといって無理のある差別化は、
やはり無理が来ます。

例え同じ業態であっても
根本の考え方や重いが違えば
自ずとオペレーションもちがってきて
それが自然と差異になります。

差別化にも、優劣と個性の2種類があります。
優劣というのは価格競争やサービス競争で
同一線上を走ることになり苦しい戦いになります。
異本的には資本力のある企業が勝ちます。

個性での差別化は、同一線上から離れることであり
チキンレースはなくなります。
その反面、お客さんに気に入ってもらえるかどうかで
勝負が決まります。

優劣のマーケットは既存マーケットになりますが、
個性のマーケットは、いわば独自のマーケットを開発する
と言うことと同じです。
当たれば、競争者がいないことになり継続的な収益が見込めます。
これは、ブランド化された状態でもあります。

こっちの差別化の方が長期的には良いのは明白です。