専門家を上手に使うコツ

販促物の制作などで外部のデザイナーなどに仕事を頼むときに
往々にして、デザイナー、イラストレーター、あるいはWEBデザイナー、あるいはライター、編集者などなど、職種や仕事の区分けがよく分からないことがあると思います。

どの分野でもそうですが、外からは何をする人なのか分かりにくいものです。
デザイナーと言っても人によって仕事の範囲が違うし、仕事によって仕事の範囲に違ったりするし。コピーライターとライターは違うのか?アートディレクターとクリエイティブディレクターは違うのか?などなど、広告の業界はとくに分かりにくい業界かも知れません。

しかし、分からないからとそのままにせず、できればその都度何をしてくれる人なのかを聞いて仕事の範囲を把握しておく方がよいです。

分からずに理不尽な発注をしてしまうと思ったものが上がらなかったり、
時間がかかったりしてしまいます。また、専門家も人間ですので、あまりに理不尽だと信頼関係が揺らいでしまいます。

何をしてくれる人なのかを把握してその人に必要な情報を渡すのが専門家を上手に使うコツでもあると思います。