客になって考えると言うこと。

客観的に自社の事業を考えるために、
自分が客になって考えるという発想がありますが、
なかなか完全には、客になれないものです。

内情が分かっているから、
これは仕方が仕方がない、あれはあんなものだと、
客であるはずの自分が自社に譲ってしまいます。

しかし、それでは意味がありません。

客である自分のわがままな気持ちに
忠実になってみることが大切です。

できるようで、なかなかできないものなのです。
たまにやるからできないのです。
習慣づけることが大切だと思います。