大手企業と中小企業の違い。

大手と中小企業の違いは、自社のマーケットが
大きいか小さいかという当たり前のことが根本にあります。

ではなぜそうなったのかです。
多くの大手企業も元々は中小企業だったはずです。
さらに最初は零細企業だったでしょう。

しかし、そこから大きくなったのです。
それは、いろいろなことをしっかりやったからでしょう。

ビジネスモデルがしっかりしていた、
営業をしっかりやった、
商品をしっかりつくった、
そのどれかでしょうし、どれもでしょう。

規模が大きくなるにつれて、
もちろん可能になる戦略もでてきます。

しかし、大手だから
ビジネスモデルがしっかりしているのではなく、
ビジネスモデルがしっかりしていたから
大手になったはずです。