告知の情報はより具体的に。

販促は情報戦です。
なぜかと言えば、人間は情報によって考えるからです。

その情報もより具体的な方がよいのです。
なぜなら。人間は面倒なことが嫌いだからです。

曖昧な情報だと、イメージするのに
あれこれ考えなければいけません。
過去の経験からいろいろ思い巡らせてこういうことかなと
自分のイメージを作らないといけなくなるのです。
面倒なのです。

しかし、具体的だと、その必要がありません。

「おいしいせんべいです」ではなく、
「昔もおばあちゃんにもらった懐かしい味のおせんべいです」

「魚沼産のコシヒカリを使った贅沢なおせんべいです」ではなく、
「昔もおばあちゃんにもらった懐かしい味のおせんべいです」

その具体的とする情報の選び方がセンスです。
お客さんの琴線に触れる
つまり具体的なメリットを
提示してあげることです。