値段とサービスとイメージ。

安いからといって必ずしも良いわけではありません。
サービスが良くても、高すぎると受け入れられません。
安くてサービスが良くても、どこかイマイチのお店や企業は、
顧客がつきません。

このあたりのバランスは、具体的には表せません。
経営者のセンスや間尺でしかありません。

しかし、この3つを束ねているものはひとつです。
お客さんの心情です。
お客さんの心情が分かれば、3つは自ずと決まってきます。