ワードプレスとは。

ワードプレスは、CMS(コンテンツマネジメントシステム)の中で最も普及しているシステムです。
そのため情報も多く、近年、専門家でなくてもある程度使えるようになって来ました。
とはいえ、パソコン教室に通って使えるようになるほど簡単なものではありません。
そこそこ使えるようになるには、多少なりともHTMLやCSSの知識やPHPへの理解が必要です。
ただ、一旦WEBができてしまえば、コンテンツの新規追加や更新などが、いわゆるネットサービスのブログのように簡単にできてしまいます(もともとブログシステムのためのプログラムなので当然と言えば当然です)。
一般の企業の方にとっては、CMSを使わずにつくられたWEBサイトでは、基本的には、コンテンツの追加や更新などはWEBの専門家に依頼しなければなりません。そのために時間と手間と費用が発生します。
1文字変えるだけでもいちいち依頼しなければならないのでは、頻繁な情報更新はままなりません。
ワードプレスのWEBサイトなら、基本的に企業の方だけでコンテンツの更新が可能になります(そう言う設定が必要ですが)。
そのため、現在では企業サイトの多くがCMSを使って作られています。

メリット

・自社でコンテンツ管理ができる。
冒頭で述べたとおりです。

・機能拡張が容易。
通常のWEBでは、プログラムを作ったりしなければならず、プログラマーの費用や時間がかかりますが、ワードプレスでは、プラグインという機能拡張アプリのようなものを足すだけで、豊富に機能を足すことができます。例えば、医院や部屋サロンの予約システムなどもプラグインで足すことができます。

・デザインの変更が容易。
従来のWEBと違って、各ページと内容(文章や写真)が別に管理されています。そのため、デザインの変更が比較的容易にできます。

デメリット

・初期費用がかかる
最初にワードプレスのセッティングをしないといけないため、従来のWEBより多少の費用がかかります。しかし、その後の管理運営費用が安くできるので長期的には経済的です。

・多少の制約がある(ほとんど影響しませんが)
ワードプレスというシステムの中で動くので、その仕組み上の制約があり、なんでも自由に作れるというわけではありません。しかし、実際のWEBにおいて、特殊な場合を除いて、それが問題になることはまずありません。


こまかいことを言い出すと、メリットデメリット共にもっとありますが、企業サイトを作る上での話では、およそ以上のようになります。
いまや企業サイトの制作の主流になっていることからもメリットが大きいことが分かります。