リカバーの善し悪しが企業イメージを左右する。

問題が起こった際のリカバーが悪いために企業イメージを落とす場合があります。

これは企業活動に限ったことではありませんが、何か起こった際のリカバーする体制や体質があることは重要です。
防止策には熱心でもリカバーには無頓着な場合は多いです。特に日本人は、その傾向が強いようです。

事故や不具合の起こる確率はどんなに頑張ってもゼロにはなりません。限りなくゼロにするための投資と起こった場合にリカバーリーする投資を比べると後者の方が遙かに合理的です。

常に起こることを想定してリカバーするための体制や方法を常に持っておくことが必要です。