ムダが多い日本の組織。

生産性が低い、ムダが多いと言われる日本の企業。それがこのテレワークであぶり出されてきたと言われます。ひとりひとりがパソコンで個々に仕事をするという形態になると、仕事の分担をはっきりしないといけなくなります。
そこで、仕事の分担がはっきりしていなかったことに気づいたりします。

欧米は良くも悪くも個人間の線引きがはっきりしていると言われます。仕事についても「あなたは何をする人か」ということが問われて、仕事の区分けが明確にされ、同時に責任も明確になります。
日本は、その逆、まず責任の所在を不明瞭にしようとします。連帯責任と言えば聞こえは良いですが、みんなで責任というような意味の分からない感覚があります。
そのために、複数が同じような作業をしたり、あるいはそのために作業のコントロールがしにくくなったり、全体を把握しにくかったりします。
私どもが外部スタッフとして企業と関わる中でも、打ち合わせに数人でてこられて意見を言われたりしますが、何をしている人なのか、その案件ではどういう役割の人なのか分からない人がおられたりします。
また、業務を複数で担当していたりして、それは良いのですが、その複数の人の連携がうまくとれていなかったり。

外から見ているとムダが良く分かります。

結局ひと言で言えば、機能分化されていないということだと思います。組織ひとりひとりの機能が定義されていない。だから責任感も生まれなかったりします。

逆に言えば、自分が何をするべきかを明確に分かっていない人も結構おられます。また、業務内容とお金の連携が意識されていないこともあります。私どもにどんどん業務を依頼いただくのはよいのですが、それには費用が発生するということが、不思議ですが意識されていないこともあります。その辺は、誰かが処理してくれるという意識。

あるいは、話の段階がごちゃまぜになって、私どもがどこからどこまでを担当すれば良いのか分からない場合。依頼するご本人自身が、ご自身がどこまでやるべきかを意識されていない。

こういうことが氷山の一角だとすると、驚くほどのムダが社内を渦巻いているはずです。
そんなことで、これからの時代を生き抜けるはずがありません。
こういったことは、結局、経営者次第なのです。

社内を機能分化する。それだけで、ムダは大幅に減るはずです。

Follow me!