ストーリーの大切さ

企業がお客様に何かを伝えたいとき、伝える情報が同じでもそれが
ストーリーになっているかどうかで伝わり方が全然違います。

例えば、たった3つの商品特徴でも、バラバラに言われると明くる日には覚えて言いないものですが、それがストーリーだっていると覚えているんです。

人間はストーリーが好きなのです。小節やドラマなどがいつの時代にも人気なのは
ストーリーがあるからです。

話し上手な人は、出来事をストーリー立てて話します。
そうでない人の話は、とりとめがなく、聞くのさえ面倒になって来ます。

販促物も同じです。