コロナ自粛の意外なメリット

コロナ自粛によってテレワークを余儀なくされて、社内だけでなく社外との打ち合わせもオンラインで行うようになりました。
その中で、便利だという以外に「失礼にならなくなった」というのがあるようです。

今までは、オンラインの打ち合わせで済むことでも、それをやると手を抜いているようで、ちゃんとお伺いしないとお客さまに失礼だというような意識があった。しかし、この度のことでオンラインに慣れたり、それでも充分事足りることが分かってそれがなくなったという事らしいのです。実に日本的な話ですが、実際それはあると思います。

今でこそ、ビジネスの連絡をメールで送るのは当たり前ですが、メールが登場した頃は、世間はメールで済ますのは失礼だという意識でした。
いまでも、まだ重要な話をメールで送るのは失礼だという意識はあるのではないでしょうか。

話は違いますが、TVでニトリの社長が、海外の工場との会議をオンラインで行って、それで十分なことが分かり、今までの海外出張はなんだったんだと思ったと話していましたが、そういう風に気づいている企業はとても多いと思います。

礼節を重んじるのは日本の良い文化ですが、事によりけりだと思います。ビジネスではやはり合理性が重要、ましてやグローバル化などということは、合理主義の進んだ海外との競争になるのですから、文化と合理性のバランスを考えるべきでしょう。

Follow me!