コロナ後の世の中-7 デジタルデバイド問題

テレワークの利点に改めて気づく企業はとても多いようです。コロナ後もテレワークを標準化すると表明している大手企業がでてきました。これからも増えるでしょう。そうなるとビジネスの形態が大きく変わっていきます。社会的にテレワークが標準化するということです。

うちは関係がないと考えている中小企業は要注意です。大手取引先から、打ち合わせはZOOMでといわれてすぐに対応できるでしょうか。また、いままで紙やディスク、FAXなどで渡していた書類やデータをすべてオンラインで送らなければいけなくなります。その体制があるでしょうか。動きのあるものは動画で撮影して編集して送るのがすぐに出来るでしょうか。

これからの世の中は、IT技術が社会を変えていくと言われています。好むと好まざるに関わらず、ITの見識を高めておくのは必須です。ITに関してただ「利用する」のと、特性や本質、傾向まで理解して「使う」のでは大きく違って来ます。ITの本領を発揮するのはもちろん後者です。前者は、ともすればエクセルをプリントして届けるというような本末転倒を生み出します。
あるいは、10万円給付金のオンライン申請が郵送より手間がかかるという事態を生み出します。
あのシステムをつくったエンジニアがそんなことを分からないはずはありません。それを指揮する人が分かっていないから、あのようなまるでコントかと思うようなナンセンスな事態になってしまいます。エンジニアや現場の人は、矛盾や憤りと戦いながら仕方なく指示された業務をこなしたのかも知れません。

重要なのは、リーダーが理解していることです。なにもプログラムを書けと言うことではありません。重要なのは何がどのようにできるのかです。そのためには、自分で勉強することもそうですが、現場の専門家の話をよく聞くことです。

管理職や支持層で専門家の話をいい加減にしか聞いていない人は以外に多いものです。「だいたい分かってるよ、オレは」という人に限って分かっていません。把握の仕方が大ざっぱすぎて、肝心のツボを把握していなかったりします。

いま、元気があり、可能性を秘めている企業のトップは、概ねITのことを良く把握している人ばかりです。GAFAは言うに及ばず、日本でも例えば元ZOZOタウンの前澤氏は、ZOZO初期の頃、仲間と一緒に本を買ってきて勉強してWEBを自分たちで作っていたと話していました。どこにでもあるものを仕入れて売っているだけのZOZOタウンが何故あそこまで大きくなったのかの重要なポイントが、サイトの見やすさ買いやすさです。自分たちでつくるようになった理由は、外注していていると思うようにならなかったからだそうです。
これはリーダーが、ITの特性を良く把握していたからに他なりません。派手なふるまいばかりが取り沙汰されますが、こういった地道な配慮がZOZOの躍進の原動力になっていました。

分からない事は、分かっている人に聞く。どんな物事でもこれが基本ですが、分かっていないのに分かっている人の話を聞かないために、デジタルデバイドを広げていることは多いのではないでしょうか。