コロナ後の世の中-3 働き方の変化がもたらすもの

テレワークが普及するということは、通勤が減るということですね。鉄道会社は、人口減に加えてさらに乗客を失ってしまいます。鉄道を始めとする交通関係の会社は、輸送の在り方自体を変革していかないといけない時代なのかも知れません。自動車も自動運転になると、地域内交通みたいなものがフィットしますね。
大きな目で見ると、昼間も都心から郊外へ人が分散し、都会自体の状況が変わってくるのかも知れません。

都市部の昼間人口が減って近郊都市へ分散されると、防災の面でも良いのではないでしょうか。人口がバランス良く分布するということは、施設や機関のキャパシティや稼働率にムダがなくなり、経済効率も良くなるのではないでしょうか。

近郊都市に昼間でも人がいると言うことになれば、そこが発展してきます。ものごとは、バランスが良いということがもっとも効率がよくなります。経済の源泉である人が、バランス良く動くようになれば、社会全体が効率的に成り、現状の人口の偏りによる歪みがなくなり、余裕が生まれるのではないでしょうか。
AIロボットの普及と共に、人々の生活や心にも生まれて欲しいものです。

Follow me!