キャッチフレーズのつくりかた。

キャッチフレーズは、時には、
ふとお客さんの口から出た言葉であったり、
スタッフがつぶやいたことだったり、
必ずしも机上で「つくる」だけではありません。
むしろそういう生きた言葉の方が、
心に刺さるものです。

その時に大事なのが「選ぶ」目です。
言ってみれば何事もそうなのですが、
最後にどれかに決める目であったり、
日ごろの言葉から選ぶ目であったり。

「選ぶ」=見極める目が大事です。

専門家が考えた案も
選ぶことを間違えると
せっかくの良い案がお蔵入りします。

見極めの目は、天才でない限り
常に意識しながら繰り返し選んでみて、
より多くの経験をすることでしか
鍛えられないのではないでしょうか。

常に意識していることが大事だと思います。