やってみなければ分からない。

販促にしろ事業にしろ、何事もそうですが、戦略を立て、いろいろなアイデアを実行しても必ず成果が出るとは限りません。
いろいろ調べて、考えて考えて考えてすることは、所詮精度を高めるだけの話です。
ほぼ、成功すると思っても必ず成功しない可能性はあります。

実行して結果を見ながら調整してさらに精度を高めるしかないのです。

よく「絶対成功する販促術」的なものがありますが、「絶対」こそ絶対あり得ません。

状況は常に動いています。いくら過去に成功した方法でも細かな事情が違っただけでうまくいきません。

その前に、当たり前のことができているかを点検することの方が重要です。