お客さんを選んではいけないか?

お客さんは神様ですという言葉が流行したせいか、
お客さんの言うことは何でも聞かなければならないという風に
間違って解釈されていることも多いと思います。

お客さんにあわせると言うことと、
何でも言うことを聞くと言うことは違いますし、
節度を持たないお客さんは、良いお客さんとは言えないと思います。

お客さんというのは、あくまでその企業の商品を
喜んで買っていただける方のことで有り、
そうでない方へサービスを続けても
気に入ってもらえないばかりか、コストばかりかかります。

つまりそういう方は、お客さんではないと言えます。
お客さんと企業の間には、どんな場合でも信頼関係があって
初めて取引関係が成立します。

信頼関係が築けない場合は、成立しません。
そういう面でも、自社が何をもって何を提供するのかという
理念や経営方針は明確にしておくことが必要です。