お客さんが把握できる買い物。

ひと頃、食材の偽装?誤表示?問題が世間をさわがせていました。
組織が大きくなってもひとりの人間の能力や大きさは変わらないから、
情報の乱れや間違い、未達は起こりえます。

大きな組織の中で大量に流れている商品も、
ひとつひとつは小さなお店と同じものです。

お客さんは、どこまで行っても
そういう組織で販売される商品の実態は分かりません。
店頭の人も、配置換えなどで、頻繁に変わります。
お客さんが相手にするのは結局、組織という漠然とした顔です。

その点、商店街のお店は売っている商品は同じですが、
かなり把握できます。
小さな商店の店主はいつも店頭にたち、
お客さんと言葉を交わします。

お客さんは、そういう店の商品は、把握できます。
大企業と違って店主の顔や人格が見えます。
その店主が信頼できる人なら、安心して買うことができます。

しかし、世間には、大企業なら安心という漠然とした
先入観がありました。
だからこそ、問題が起こると信頼を裏切られたという
感情的な議論になります。

小さい企業には、小さいための物理的な限界がありますが、
大きな企業にもまとめる上で大きいが故の物理的な限界があります。

世間には、大企業も信用できないという意識が
どんどん広がっています。

時代の流れは、小さな街の商店や売り場へ
移っていくのではないでしょうか。
小さなお店は、楽しい空間です。
もっと楽しくなるはずです。