SEOの成果なのかアクセス数は増えた。しかし、問合せにつながらない・・・

ネット販促では、SEO重視傾向で検索結果の上位表示やアクセス数ばかりが気にされる傾向がありますが、それだけでは成約にはつながりません。
もちろん、アクセスがたくさんあることは大前提ですし必須事項です。しかし、たくさん来られたお客さんが、求めていた情報と違っていたり、良く分からなかったり、期待外れだったりすると、成約はもちろん問合せにもつながりません。
原因は4つ考えられます。1つ目はコンテンツのグレードが低いこと。2つ目は、コンテンツが合っていないこと。3つ目は、分かりにくくて情報を見つけられなかったこと。4つめは、(1つめと関連しますが)SEO対策で想定されているキーワードが適切でないことです。

1つ目は、来訪者にニーズは合ったのに期待していた情報が得られず、興味がわかなかったかも知れません。惜しいことです。
2つ目は、4と関連しますが、来訪者の多くが想定している人でないかもしれません。
3つ目は、構成やレイアウトが分かりにくくて情報を探せなかった(探す意欲をなくした)かも知れません。これも惜しい話です。

1〜3までは、要するにホームページの構成の仕方の問題です。ですので、SEO対策は重要ですが、その前提としてホームページをどういう情報でどのように構成するかは同じように大事な問題です。
極端に言えば、1000人のアクセスがあって10件の問合せしかないより、100人しかアクセスがないけど50件の問い合わせがある方が良いわけです。
ホームページも一般マーケティングと同様で、ストーリーを描かなくてはいけないものです。どんな人がどんな言葉で検索して来て、何を見てどう思って問合せをするか。そういった流を想定して、SEOやコンテンツを考え、状況を見ながら修正していくようにしなければいけないものです。
当事務所は、そのようなマーケティングストーリーやホームページ作りのご相談も賜ります。