少子化と経済格差。

若い世代で子どもをつくらない理由の一番は、経済的な問題だ。いろいろな環境を整えようとしても、根本的に収入が少ないと利用することも、そもそも結婚することもできない。

そのような貧困化する若い世代がある一方で、株等で儲けた裕福な層がある。1世帯でいくら稼いでも、それに比例して子どもを産むわけではない。そういう面では、収入の偏りも少子化の原因なのではないだろうか。

ひところ、ジェンダーマイノリティは生産性が低いとう発言が問題になったが、富裕層こそ、収入に比べて子どもの生産性は低い。

何十億も資産を持っていても子どもは数人だが、その何十億を若い貧困世帯に配分すると何百人もの子どもが生まれ、子育てができるのではないか。人が一生生きるには、贅沢をしても20億あれば充分なのではないか。ここまできたら、20億以上の資産を持つ者は、それ以上の資産の半額を税金として子育てにまわせばどうだろうか。
もしくは、そういう施設に投資をさせるとか。