お客さんの年齢。

現在のお客さんにあわせて商売をすることは大事ですが、次のお客さんのことを考えることも大事です。
年齢やライフステージが影響する業態の場合です。
ファッションの場合、お客さんとともにブランドの年齢が上がってしまうと、やがてお客さんがファッションをあまり買わなくなるライフステージに達してしまうこともあります。
要するに今のお客さんが数年後にどうなるかと言うことを予測しておかないといけないということですね。