不利な条件は、本当に不利なのか?

一般的に商売に不利な条件と言われるところでも
繁盛させている企業はあります。
弱点を強みになどと言われますが、
そもそもそれは弱点ではなかったということです。
強み弱みなどというのは、ある価値観を基準にして言うことです。
その基準は漠然としています。

そういう「弱点」でも繁盛させている企業があると言うことは、
問題の本質はほかにあると言うことです。

山奥にあっても街から大勢つめかける
テーマパークのようなレストランがあります。
街中では、土地がありませんし、
周囲にいろいろな建物があって見た目にも邪魔です。
山の中なら土地も安く、周囲に余計なモノがなく、
その世界観の純度が高まります。

これらは、弱みを強みにという話ではありませんね。
ただ、一般的には山奥に飲食を造っても
客は来ないだろうと思われます。
むしろ、そこの意表を突くというか希少性も魅力になります。
状況をうまく生かしただけです。

坂の途中で、しかも店舗が地下で道から階段を降りたところにあり、
道から見えないため周囲からも絶対にうまくいかないと言われた
洋菓子店が、坪単価日本一を誇る店になっています。
店舗は狭く見えにくいのですが、周辺の土地柄を考えて、
あえて店を広げず、ブランド性を高め通販により
ギフト売り上げを飛躍的に拡大しました。
そのおかげで評判を呼び店舗にも人が押し寄せるようになりました。

一件不利に見えることでも商売の本質には
あまり関係ないことも多いのではないでしょうか。

駅から遠くても美味しい店には、行列ができます。
駅前でもうまくいかずに廃業する店もあります。

重要なのは、やはり商品の中身と売り方だということですね。

マーケットの視点。

マーケットが多様化した今は、
昔のようにライフステージとか収入とかの
一様な視点だけでは把握できません。
嗜好が細分化しているからです。

お金持ちだからこう言うものが好きとか、
庶民はこんなものが好きとかだけでは実態はつかめません。

商品によっては、お金持ちも庶民も好むものもあれば、
そうでないモノもあります。

趣味の世界のものは、お金持ちでなくても
高額商品が売れます。

ファッションの世界では、年齢層でファンが別れるブランドもあれば
老若男女にファンがいるブランドもあります。

むしろそういった感性の切り口を先に持ってきて
その後に収入やライフステージのフィルターをかける方が
把握しやすいと言えます。

自動車や機械品など一見機能や性能で売れそうなものも
商品によっては嗜好で売れます。
実は、ハイエンド商品以外はほとんどそうです。

だから感性の時代(今では古い感じもしますが)と言われるのでしょう。

アンチ幼稚化マーケット。

大学生が年々幼稚化していると言われます。
考えてみたら、社会全体がそうなのではないかと思います。
素朴に考えて、昔の人はもっと大人だったと思います。

文明が発達して便利になり、
情報化社会で、努力しなくてもどんどん情報から飛び込んできます。
その結果、体験や思考について
努力をしなくなったということではないでしょうか。

どんどん退化しているのではないかと思います。
社会が何でもしてくれるので、待ち受け状態。
自分の好きなことだけやっていれば生きていけます。
なるほどまるで幼児ですね。

これにはマーケティングも一役買っています。
あれこれ情報を与えてこちらのレールの上に
乗ってもらうのがマーケティングです。
乗ってくるというのは、ある意味乗せられてくるわけです。

こういう流れに一矢を投じる
アンチ幼児マーケットはどうでしょうか?

何でも自分でしなければ事が進まない状況作りです。
しかし、進めば達成感やその他の成果が得られる。

そういうことを求める風潮もあると思います。

マーケティングのジキルとハイド。

マーケティングには良い面と悪い面があります。

必要としている人に、より合理的に商品を届けるのは、
良いことですが、飽和状態の消費社会では、
マーケティングは、悪く言えば
必要としていない人にムリヤリ買わせることでもあります。

本質はどうであれ、結果的にお客さんが満足していれば
いいじゃないかということでもあるのですが、
そういう場合でも、お客さんはどこかそらぞらしさを
感じているのではないかと思います。

実際、現代社会は大量のゴミにあふれています。
もちろんゴミの原因はそれだけではありませんが、
そういうもやもやしたものが社会全体に
知らない間に蔓延し、その空虚感を埋めるために
また何かを買うということをします。
終わりなき消費社会は、そのような衝動によって
回っているのではないかと思います。

しかし、消費の中でも、ああこれは良かったという
本当に満足する消費もあります。
そういう消費を増やしていくことができれば
もっと心が豊かになるのではないでしょうか。

そのためには、無理のある売り方や商品をなくし、
水が低きに流れるがごとく人々の感情が
自然に購買へ向くようなマーケティングが理想です。

それを言い出すと世の中の回転が鈍ってしまうのかも知れませんが。
しかし、一部では某かそういった純度の高いことが
求められているのではないかと思います。

あこがれの心。

イメージする客層(ターゲット)に向けて販売しても
実際にそれを買う人の多くは、そういう層に
あこがれる層だったりします。

例えば、高級品は、お金持ちに憧れるプチリッチ層、
大人モードの商品は、大人に憧れる若年層という具合です。

そういう購買は、「あこがれ心」を満足させる購買です。
モノがあふれる現代では、この心を満足させるための購買が
とても多いのです。

だから、その「心」を考えなければ商品開発も
販促も効果が上がりませんね。

人間の矛盾。

スーパーで、1円単位の価格差を子細に検討するのに
何千万の不動産をいい加減に買ったりします。

必要なものをなかなか買わないのに
必要でないものを衝動買いしたりします。

本当は感動を求めているのに
感動したことには値段がつけられず
機能が満たされることについては値段がつけられます。

理屈ばかり言うのに
最後は、感情で判断したりします。

マーケティングは、人間の矛盾との
せめぎあいでもあります。

キャッチコピーでキャッチすること。

キャッチコピーの基本は、伝えたい人の心情に響く内容です。

これは使う場面(ツール)にもよりますが、
基本的には興味を持って目を留めてもらうためのものです。

一般的には、商品特長より、
それを使うとどう助かるか、どう楽しいかを知らせることが大事です。

お菓子などでは、「最上級の○○○の小麦を使った」ということより、
「懐かしいおばあちゃんの味」など、
その商品のお客さんへの値打ちの部分です。

ただ、間違えてはいけないのがあくまで
「伝えたい人の心情に響く内容」ですので、
商品によっては「話題の○○○を使用!」という
商品内容が響く場合もあります。

キャッチコピーの一番の役目は、キャッチすることです。
お客さんに何を言えば興味を持ってもらえるかが大事です。

キャッチコピーだけで買わそうとすると、
いろいろ詰め込みすぎて逆にキャッチできなくなります。

できるだけ短い言葉で、キャッチする内容を
スパッと表現しなくてはいけません。
考え方として分かりやすいのが「早い話が、○○○ということ」
という方程式です。
この○○○に当てはまる文章がキャッチコピーになります。