商品スペックと思い。

商品に関する情報には2種類あります。商品のスペック(特長や仕様)と開発についての思いです。
商品スペックはもちろん大事ですが、気持ちを動かすのは思いです。
商品によっては、スペックに思いが色濃く反映されている場合もあります。その場合は、説得力が増します。つまり、商品を訴求するには思いを語らないとお客さんの気持ちを動かすことはできないということなのです。
あるいは、良い商品ならなおさら、思いを語ればお客さんはより強く興味を持ってくれるはずです。
思いがなぜ気持ちを動かすのか?思いにはドラマがあるからです。
人間は、ドラマが好きなのです。感動が好きなのです。感動するとその商品や企業が好きになるのです。
好きになってもらうのは、最強のマーケティングなのです。