変化する競争相手。

市場が複雑になってきて、競争相手は必ずしも同業者、同ジャンルの商品ではなかったりします。マクドナルドのハンバーガーが100円になったときに、競争相手は、他社のハンバーガーではなく、コンビニのおにぎりになりました。逆にコンビニのおにぎりは、競争相手に100円ハンバーガーが仲間入りするといった具合です。

最近では、コンビニの100円入れたてコーヒーが競争相手は缶コーヒーと思っていたら、質の上でカフェになっていました。調査でも、好きなコーヒーでカフェの次につけています。この先、コンビニがイートインコーナーを増やすとカフェもおちおちしていられません。相手は100円ですから。

Mac Cafeというカフェ業態のマクドナルドでは、広い店内に通常のの注文カウンターの他にドリンクとスウィーツが注文できる
カフェカウンターがある店があります。インテリアもいつものマクドナルドとは違うブティックかと思わせる高級感。
広々とした店内は、狭いカフェよりはるかに快適です。競争相手は、オフィス街のカフェです。そういうエリア性による競合の変化も生まれてきます。