人は、感情で買う。

人が何かを買う瞬間の判断というものは、そんなに簡単なものではありません。
その人の生活や人生、その長期短期的効用とリスクを頭と感情の中で複雑に、鋭敏に判断してお金を払います。そのような複雑な、しかも個人的事情に大きく影響されることを売る側が知ることはできません。
しかし、買う人は理屈と感情のどちらに影響されるかと言えば感情です。
人間は、感情で動く生き物です。 自分にとってさほど有益でないと頭の中で考えていても気に入ってしまうと買います。
逆に、有効であると分かっていてもどうも買う気にならない場合もあります。
だから、お客さんには有益であるというよりも気に入ってもらうことの方が有効なのです。