ITによるマーケットの拡散。

ITの発達で何が一番便利になったかといえば、
やはり距離や時間のハンドリングが
自由になったということでしょう。

なかでもインターネットのおかげで
仕事の種類によっては都市にいなくても
仕事ができるようになったことです。

実際には、まだ業態は限られますが、
認識が広がりその利便性や合理性が
理解するに従って様々な業種で都市以外に
事業所を持つようになるのではないでしょうか。

雇用の都市集中も緩和され
良い環境や住み慣れた故郷で
最新の仕事に携わるということも可能です。

地域の活性化にも貢献します。
過疎地での成功例もあるようです。

人が集まるとマーケットが生まれます。
都市から地方へ人が拡散されると
マーケットも拡散され、
新しいマーケットが生まれるはずです。