無料の客。

最初に無料(または安価)で提供しておいて徐々に階段を上ってもらって目的の商品を販売するという無料商法とも言うべき販売方法が流行っています。しかし、何にでも当てはまるわけではありません。基本は、本当に体験してみないと分からないものだけです。(携帯やネット契約で最初の何ヶ月か無料というのは、少し違います。あれは、単なる値引き販売と同じです)クーポンなどでも、常に問題点として言われていますが、無料や安価で集まってくるお客さんの多くは、その低価格が魅力でやってくる人たちです。そういう人たちは階段を上ってはくれません。習い事のようにグレードアップしなければ、完成しないようなサービスで階段を上らざるを得ない仕組みなら良いですが、そうでない場合は、無料を買うと逃げてしまいます。ただ「階段を上らざるを得ない仕組み」の場合、最初から敬遠されることが多いし、もし、商品が思った内容でなかったら、今度はお客さんの中に不満が溜まり始め、やがては、その企業自体に不満を持ちそうなると不満を掃きたくて友人知人に話します。そうなると口コミで広がることが多く、企業にとっては結果的にマイナスになります。無料商法は、戦略を立てて無料の意味をしっかり定義づけ、購買までのマーケティングストーリーを構築した上で実施しなくてはうまくいきません。