ヒント

力になる、カリスマ経営者の言葉。

表現は違えど、どの経営者も言っていることの本質は同じです。ほとんどの大企業も始めは小さな企業だったはず。なぜ、大企業になったか。その理由のひとつは、挑戦をやめなかったからではないでしょうか。

「金がないから何もできないという人間は、金があっても何もできない人間である」
小林一三(阪急東宝グループ創業者)

「成功する人は、成功するまで頑張れる人」
松下幸之助(松下電器<現パナソニック>創業者)

「そもそも商売というのは、失敗するのがふつうだと思うんです。
新しいことをして成功する確率はほとんどない。10回やっても1回もないぐらいじゃないかな。だから、新しいことをやってダメだと思ったら、即座に撤退する。
これが、つぶれない秘訣ですね。」
柳井正(ユニクロ創業者)

「私は一夜にして成功を収めたと思われているが、その一夜というのは30年だ。
思えば長い長い一夜だった。」
レイ・クロック(マクドナルドコーポレーション創業者)

「金も設備も機械もない。しかし、頭があるじゃないか。頭を使えばいい。」
盛田昭夫(ソニー創業者)

「一度取りかかったら途中でやめない。どんな状況下でもチャンスはある。
必ず成功すると信じてやりぬくこと。」
森泰吉郎(森ビル創業者)

「やってみないと分からない。行動してみる前に考えてもムダです。行動して考えて修正すればいい。」
柳井正(ユニクロ創業者)

「アイデアは必ず行動に移す。結果が失敗なら、そのとき改めればいい。」
松本清(マツモトキヨシ創業者)

「人間が進歩するためには、まず第一歩を踏み出すことである。」
本田宗一郎(本田技研工業創業者)

「人生でいちばん悔いが残るのは挑戦しなかったことです。
新しい可能性に挑んで、失敗したことではありません。」
柳井正(ユニクロ創業者)

「とにかく思いっきりやってみようじゃないか。間違ったらまた変えるのだ。」
盛田昭夫(ソニー創業者)

「『できる』と信じるか、『できない』と信じるか、どちらも結果は完全にそのとおりになる。」
ヘンリー・フォード(フォード創業者)

「目標が具体的かどうか。ちょっとしたことだが、ここが成功する人としない人との決定的な差だ。」
柳井正(ユニクロ創業者)

「成功者から学ぶべきことは、うまくいかないことをなぜあきらめなかったかと言うことである。」
福島正伸(マルシェ社長)

「リスクを負わないのがリスク。」
ビルゲイツ(マイクロソフト創業者)

「努力が効果を現すまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに、飽き、迷い、挫折する。」
ヘンリー・フォード(フォード創業者)

「成功は、最低の教師だ。」
ビルゲイツ(マイクロソフト創業者)

「どれだけ良いアイデアがあっても、実行しなければ成功もしないし、失敗もしない。
それは時間のムダでしかないでしょう。」
柳井正(ユニクロ創業者)

「失敗を恐れるな。最後に成功すればいいのだから。」フィル・ナイト(ナイキ会長)

「成功は、いいと思うものを得ること。幸福とは、得るものをいいと思うこと」
ウォーレン・バフェット

「時代遅れになる原則は、そもそも原則ではありません」
ウォーレン・バフェット

「最初にイメージすることなく、人生で何かを手に入れることは不可能なんだ」
ウォリー・フェイマス・エイモス

「集団の中にいたら絶対だめだ。どうせなら、ビリを走れ。
時代の風が逆から吹いたら、自分がトップに立てる」
大橋巨泉

「銀行から頼まれて、倒産した施設をずいぶん買ってきました。
けれども、未だかつて、倒産した企業で、きれいに整然と掃除が行き届いていた会社はありません」
鍵山秀三郎(イエローハット創業者)

「”素晴らしい計画”は、不要。計画は5%、実行が95%だ」
カルロス・ゴーン

「ビジョンは、退屈なものではいけない。船を建造するときには、
人々に個々の作業を割り当てるのではなく、大海原を目指すという目標をみんなで共有するのです」
カルロス・ゴーン

「成功の秘訣は、他社の動向に気をとられないこと」
ジェフ・ベソス(Amazon.com創業者)

「積極的に間違いを犯しなさい。できる限り間違いを。なぜなら、成功は失敗の向こう側にあるからだ」
トーマス・J・ワトソン(IBM創業者)

「『ゴールを明確にイメージする能力』を持った人ですね。
結局、ビジネスでもなんでも、何かを成し遂げる人はこの力を持った人。
人間の能力にはいろいろありますが、これがもっとも重要だと思います」
渡邉美樹(ワタミフード創業者)

「大切なのは第一歩を踏み出すことです。0と1との間は、1と2の間よりも広いと思います。だからこそ、最初の一歩を踏み出すことは、大変な価値があるのです」
渡邉美樹(ワタミフード創業者)

「理念の確立なくして起業はありえない。いかにして自分の理念を確立していくか、
努力できるかで勝負は決まる。業種で選ぶのではなく、自分の本当にやりたいことを考える」
渡邉美樹(ワタミフード創業者)

「世の中の変化、お客さまの変化こそが最大の競争相手なのです」
鈴木敏文(セブン&アイホールディングス)

「もし、あなたが成功したいのなら、踏みならされ受け入れられた成功の道を行くのではなく、新たな道を切り開きなさい」
ジョン・ロックフェラー(スタンダードオイル創業者)

「人の苦労話なんて、いくら聞かされたって成長しない。自分で苦労しろ」
瀬戸雄三(アサヒビール社長)

「うまくいかなくても、やったことは全部、将来の自分のプラスになります」
孫正義(ソフトバンク社長・創業者)

「人生に遅すぎるということはない。50歳でも60歳でも新しい出発はある」
安藤百福(日清食品創業者)

「チャンスに出会わない人間はひとりもいない。それをチャンスにできなかっただけである」
アンドリュー・カーネギー(USスチール創業者)

「一番乗りは牡蠣を得るが、二番目の人は貝殻しか得られない」
アンドリュー・カーネギー(USスチール創業者)

「先延ばしにする癖のある人は、人生を漫然と過ごして失敗する」
アンドリュー・カーネギー(USスチール創業者)

「勇気は、思いがけないところに、思いがけないほどある」
アンドリュー・カーネギー(USスチール創業者)

「漁師の精神を学ばなければいけない。漁師は釣れなければ、狙う魚を変え、道具を変え、場所変える。
いつも同じところにじっとしていて、「魚がないね」と嘆いているだけではだめだ」
飯田亮(セコム創業者)

「起業するのに、特に素質は必要ないと思います。僕はほとんどの人が起業できると思っています。大事なのは、まず全部自分でやってみること。そこで何回も失敗して、また懲りずに挑戦する。その繰り返しの中で経営者として育っていくんです。」
柳井正(ユニクロ創業者)

1対1の人間関係はマーケティングの縮図。

マーケティングに限らず、社会の動きの構図は
1対1の人間関係に凝縮されます。
あるいは、1対1の関係が社会の構図に
拡大されると言うべきでしょうか。
それは、社会が1対1の人間関係の
組み合わせで成り立っているからではないでしょうか。
ですから、基本的な法則は1対1にあります。

例えば、告知をする行為は、
1対1でも同じです。

こちらの言いたいことをどのタイミングで
なんと言えば聞いてくれるか。
興味を持ってくれるか。
そのためには相手の現在の状況を
知っていないといけません。

相手の性格や状況に合わせて言い方を考えます。
伝える手段は何か。電話、メール、訪問???
相手と自分はどのくらい親しいかにもよります。
どれくらい信用されているだろうか。

もし話を聞いてくれたら、次にどうしてもらうかを
予め考えておかなければいけません。
また、失礼があってはいけません。
何かをしてもらえば、お礼をするでしょう。
また、お付き合いして欲しいと思うでしょう。

あるいは、相手がひどい人なら、
おつきあいはしたくないでしょう。
・・・・・などなど

これはすべて企業のコミュニケーションに当てはまりますね。

中古市場は、第1ユーザーのコスト回収でもある。

中古市場というのは、仕入れが必要で
仕入れ先は第一ユーザーです。

第一ユーザーにとっては、売ることによって
そのモノのコストの一部が回収されるという事になります。

10万円で買ったモノが3万円で売れると
実質7万円で買ったことになります。

人によって、モノによっては
買うときに売るときの値打ちも考慮して買ったりしますよね。

そういうことを考慮に入れて俯瞰してみてみると
ユーザーがモノを持っているときと言うのは、
モノの流通の一部分であるとも言えます。

モノの流通に視点を置いて中古市場を見てみると
新しい切り口が見つかりそうです。

義務消費の妙。

現代での義務消費は、2種類あります。主に暮らしを維持するためにどうしても必要な食料や道具などと、暮らしの快適性を高めるための道具などです。

それは、マズローの5段階欲求に当てはめると生命の維持という初期段階の欲求と自己実現という最終段階の欲求です。同じ、生活用品でもアイテムによって、買われ方、買う心理は異なると言うことです。

義務消費には、もうひとつの心理面があります。「仕方なく買う」という面です。お米がなくなったから買わなければいけない。ご飯を食べなければいけないからです。
洗濯機が壊れたので、買わなければいけない。洗濯ができないと困るからです。
野菜がなくなったから買わなければいけない。おかずが作れないからです。
エアコンが壊れたから買わなければいけない。エアコンがないと不快だからです。

ただ、お米や野菜は、食べなければ生きていけませんが、洗濯機やエアコンは、本来そうではありません。快適さを満足させるモノです。
しかし、現代生活においては、洗濯機やエアコンもなくては生きて行けないモノです。さらにそのモノのグレードや種類によって「必要」から「欲しい」に欲求の質が変わります。

マーケットを先に見るという発想。

新規事業を始める場合、誰しも自社の強みを生かして何かできないかと考える傾向があります。
そのとき注意しなければいけないのは、知恵を絞りすぎて、ありもしない幻想マーケットを想定することです。それは”自社を基準に”、消費社会をムリヤリ合わせようとするするからです。もちろん、それは試験販売やそれ以前の試し売りなどで検証できるため、致命的な失敗は防ぐことができますが、その発想では事業に限界が来ます。

成長経済の時代には、それでもどんどん新しいマーケットを生むことができたはずですが、成長が鈍化し、多様化し、消費が成熟した現代では、その発想ではほとんど新しいマーケットをつくれなくなっています。アップルのような、人が考えてもみないことを具現化してヒットさせるのは、かなりの高等テクニックです。それができれば最強なのですが、半ば天才的とも言えるワザです。誰もができることではありません。
しかし、一度発想を逆にして、先にマーケットを探してみることで、新規事業の糸口が見つかったりします。いちばん探しやすいマーケットが「誰かが何かに困っている」ことです。困っていない人に何かを売ろうとしても難しい。しかし、何かに困っている人たちに、その困り事を解消できる商品やサービスを彼らが買える形で提供することができたら、売れない理由がありません。
その提供すべき商品やサービスが、自社のノウハウと適合すれば理想的ですが、適合しなくても、あるいは自社の現業とかけ離れていても、何らかの方法で自社で提供できるなら事業としてなりたちます。

つまり自社の強みを探して提供するのではなく、潜在するマーケットを探して、提供すべき商品を用意するという考え方です。マーケティング用語では、マーケットインと呼ばれる考え方ですが、この考え方の良い点は、マーケットに制限がない点です。自社を中心に考えるとマーケットが制限されてきますが、マーケットを先に考えると制限がありません。つまり、ある意味無限に事業が作れていくということです。
もちろん新しい事業がそんなに簡単にできるわけではありませんが、少なくとも発想に制限がありません。つまりこの発想で事業ができるようになると、可能性は無限に広がるということです。そのためには、自社の業態や商習慣などに縛られないことが重要です。
既成観念にとらわれず柔軟に考え対処できることができなければ、新しいマーケットを見つけても自社に取り込むことができないと言うことです。ましてや、それが自社の現業とかけはなれたものである場合はハードルが高くなるかも知れません。
しかし、「生き残れる者は、強い者ではなく、状況に合わせて変化(進化)できる者だけだ」と言われるように、現代のマーケットは、マーケットインの発想なくしては生き残れない状況にあります。マーケット発想は、生き残りの必要不可欠なノウハウとも言えます。
とはいえ、プロダクトアウトも潜在的なマーケットがあるからこそヒットするわけです、iPhoneのように。

まずは、分かりやすさ。

何事も分かりやすいことは大事です。 販促でも商品でも、作り手や発信側は思いがたくさんあって、あれもこれも言いたくてどうしても情報がてんこ盛りになりがちです。 しかし、逆の立場になってみると、まったく知らないことについて、一方的にたくさん話をされても、あまり何にも憶えていません。
それより、興味をそそる一言だけ聞く方が憶えていますし、 場合によってはそれについて興味がわき、もっと話を聞きたくなります。
その興味をそそる一言こそがキャッチコピーです。 興味をそそるキャッチコピーと二言くらいで完結する分かりやすい話だと記憶しやすいのです。
チラシでも何でも、まずは逆の立場で何を言われると興味を持つか、あるいは印象に残るかと考えてみることが大切です。

適正価格とは。

よくテレビにも出られていたディスカウントショップの社長(故人)が、まだユニクロが台頭する前にこんなことを言っていました。
「うちのジーンズ、中国から輸入してて390円で売っても利益でるんやけど、それでは売れんのよ。1300円にしたら売れるんや」。
390円だと、そんなに安くて商品は大丈夫か?という心理になって買わない(ユニクロ以前のジーンズ相場は5000円)が、1300円だとディカウントショップならあり得ると思い、お得なジーンズとなるというわけですね。
商品の価格は安ければ売れるというものではないということです。海外の超富裕層を相手に個人トレーナーをしている人も、30分5万円でもいいのだが、それでは彼らは納得しない。30分30万円でないとダメなのだと言っていました。
同じようにそういった富裕層を相手に旅のコーディネートをしている人も、1食2万円の食事を選ぶと「大丈夫なのか?」と言われるそうです。彼らにとっては、5万円くらいが普通なので2万円の食事では中身が不安だというのです。
商品価格の正しいつけかたは「それを買ってくれる最高の価格」です。たとえ、10円で仕入れたモノでも相手にとって1万円の価値があれば買うわけです。商品単体では無理も売り先を変えたり、価値を高める工夫をすれば、大きな利益を生むことができるということですね。
とかく仕入れ値に何十%の利益をのせて価格を決めるという風に考えがちですが、お客さんがいくらで買うだろうという想定から価格を決めるとまた違う売り方を発見できるかも知れません。

適度な品質好価格 。

昔と違ってモノの品質は格段に良くなっています。もう、必要以上に良くなっていると言っても過言ではありません。
それでも企業は、新しい商品を開発し、売らなければいけないのが資本主義経済です。

まだまだ高機能に便利になった方が良いという人もいるでしょうが、そういうニーズを持っているのはごく一部の人たちです。大半の人は、もう十分なのですが、新しい物好きや、古いのはかっこわるいとか、ステータスとか、その物の本質とは違うところにニーズが生まれて、あるいは思い込んでまた必要以上に高品質なモノを買っていました。
付加価値とはそういうものですが、要するに付加価値を消費することが多くなったということだと思います。
しかし、ここ数年、これくらいでいいじゃんという冷静な判断をする人が増えているように思います。もう企業の無意味な高品質合戦には巻き込まれない、ある意味賢い消費者です。特に若い人たちにその傾向が強いのではないでしょうか。
世界市場では、数年前に過剰品質好価格で日本の家電が韓国の企業に惨敗しました。日本が高品質高品質と言っているうちに、相手は適性品質好価格でどんどんファンを増やしていったんですね。結局、ある意味彼らの方がお客さんのことをよく考えていたともいえます。お客さんにムダなお金を使わせず、必要なだけの品質で買いやすい価格で。売れる理由があります。
すごいことを求めていない人にお客さんに、どうだすごいぞと言っても値打ちはないということです。よく考えると当たり前です。
情報化社会で、消費者はもう企業の手の内を知っています。これからは、そういうことを踏まえた上でマーケティングを考えないと、ますます、お客さんとずれていきます。これから必要なのは「適度であること」の「適」精度の見極めなのではないでしょうか。

「嫌い」を「好き」に変える品質。

人の好みは変化すると言う話です。特に趣味性が低いものごとの場合「品質」の高さが好みを支配します。
私自身こんな経験があります。 かつて、ブルーベリージャムはあまり好きではなかったのです。 それはA社の商品しか知らなかったからです。 あるとき各段に美味しいブルーベリージャムを頂き 「ブルーベリージャムは、こんなにうまいものだったのか」と ブルーベリージャムに対する印象が変わりました。
それからはA社の商品までもが、おいしく感じられるようになりました。 「品質」によって、そのアイテム自体の印象も変えられたということだと思います。 こういう体験は、誰しもあるのではないでしょうか。 野菜嫌いだった子供が、おいしい野菜料理を食べたことをきっかけに、 普段でも食べられるようになったとか。 つまり「好きではない」という人も、「好き」に変わる可能性があって、そのきっかけは、「品質」の体験だったりするということです。

スローガンの決め方。

ある市民団体のスローガンの相談を受けて、 幹部の方たちで考えたスローガンの案を見せて頂きました。 とても当たり前で無難な言葉が並んでいて、 あってもなくても良いようなスローガン案ばかりでした。
こういった場合に多いのが、 状況描写で終わってしまっているケースです。 みんなの○○○とか、未来へ向かう○○○とか・・・・ だからいまひとつしっくりこないんです。 気持ちが入っていないんですね。 そういったことを申し上げると、考えるのは面倒だとか、 なかなかみんなが集まるのが大変だとか、 意見を合わせるのが難しいとか言われるので、尋ねてみました。
「そんなに大変で面倒な思いまでしてなぜこの活動をやっているのですか?」 そうすると、あれこれ思いの入った返答が返ってきました。 そこで、申し上げました。
「その思いをスローガンにしましょうよ」 なるほどと思われたのか、その後に見せて頂いた案には、 その団体ならではの言葉が散りばめられていました。