販促の分かりやすさについて。

販促に於いて、「分かりやすさ」は2大ポイントのひとつですが、
さらに分解すると、

・何なのか。
・客は、どうすれば良いのか。

ということがあります。

・何なのか。
これは主に商品やサービスの内容です。
食べ物なのか、学習塾なのか、カフェなのか・・・・
当たり前のことですが、時々、よく分からない広告もあります。
それでは、まずお客さんが欲しいと思いようがありません。

訳の分からない情報を出して興味をそそるというギミックは
例外中の例外です。綿密な戦略が必要ですし、
よほどの場合でなければリスクの方が多いです。

・客は、どうすれば良いのか。
商品のことはわかるが、どうやれば買えるのか、
あるいは申し込むにはどうすれば良いのかが
分かりにくい場合もあります。
商品に魅力を感じても、お客さんは行動することができなくて
結局、買えません。

こういうことは、感覚的に分かっているはずなのに
商品を売ろうとすると視野が狭くなって
お客さん目線を忘れてしまい、起こります。

お客さん目線で考えてみると
何を知らせると良いのかが分かります。

販促で抑えておきたい最低限のポイント。

インターネットが普及して
様々な販促手法が生まれていますが
何がどうなっても人と人とのコミュニケーションで
あることに変わりはないので、基本は同じはずです。

改めて販促の最低限のポイントを確認してみますと
この2点です。

●分かりやすいこと。
販促とは情報戦です。肝心の情報が分かりにくければ、
話になりません。

●顧客のメリットを訴求すること。
往々にして商品の特長を訴求してしまいがちですが、
顧客の心を動かすのは、園商品で顧客がどうなるかという
メリットです。

他にもポイントはいろいろ出てきますが
これを外すと成立しないというのが
この2点ではないでしょうか。

しかし、意外とこの2点が守られていない場合は
多いものです。

販促に使う写真。

販促に使う写真をおろそかにしている会社は多いものです。
光が足りない、変な影ができている、てかりがある、
などの素人写真では、せっかくの商品が台無しです。

商品以外の写真も、実は同じです。
販促物において、そういった不備な写真があると
それだけで会社のイメージがダウンします。

しかし、意外とそういう写真をカタログや
チラシに使っている会社は多いのです。
多少のことならコストをかけて
プロに頼む方が賢明です。

あるいは社内に器用な方がいたら、
いまは撮影機材が発達し、
素人でも良い写真が撮れるようになっています。
ちょっと練習すれば格段に良い写真が撮れるものです。

写真は、思いの外、イメージに影響するものです。

きっかけの重要性。

昔に比べ現代は本当に商品が多彩になっています。
スーパーに行くと、カップ麺だけでいったい何種類あるのでしょうか?
それぞれに差別化し販売を目論んでいるのですが、
お客さんがそれを買うのは、何でもないきっかけだったりします。

たまたま、TVでCMをやっていた、
たまたま、キャンペーンをやっていた、
たまたま、人がおいしいといった、
たまたま、パッケージに興味を引かれた・・・・

お客さんの多くは、さほどカップ麺を欲しいとは思っていません。
ほかにもおいしくて便利な食べ物は山ほどあります。

それらにしても選ばれる理由は、何気ないきっかけだったりします。
良い理由を知っていても、
わざわざ買いに行くほどではないことがほとんどです。

言ってみればどの商品も大同小異なのです。
どれも同じように感じている商品を買うのはきっかけです。

だから、きっかけ作りは、とても重要です。
商品の中身より大事だと言っても過言ではありませんね。

販促文の書き方。

販促の文章は営業トークと同じです。
それを言えば相手がどう思うか、
どういう印象になるかと言うことを
想像しながら書く必要があります。

こちらが言いたいことを書けば良い
というものではありません。
こちらが意図したように相手に伝わることが大事です。

だから読み進むにつれて変化する
相手の心理を想像しながら
書かないと伝わる文章になりません。

キャッチフレーズのつくりかた。

キャッチフレーズは、時には、
ふとお客さんの口から出た言葉であったり、
スタッフがつぶやいたことだったり、
必ずしも机上で「つくる」だけではありません。
むしろそういう生きた言葉の方が、
心に刺さるものです。

その時に大事なのが「選ぶ」目です。
言ってみれば何事もそうなのですが、
最後にどれかに決める目であったり、
日ごろの言葉から選ぶ目であったり。

「選ぶ」=見極める目が大事です。

専門家が考えた案も
選ぶことを間違えると
せっかくの良い案がお蔵入りします。

見極めの目は、天才でない限り
常に意識しながら繰り返し選んでみて、
より多くの経験をすることでしか
鍛えられないのではないでしょうか。

常に意識していることが大事だと思います。

スローガンの決め方。

ある市民団体のスローガンの相談を受けて、
幹部の方たちで考えたスローガンの案を見せて頂きました。

とても当たり前で無難な言葉が並んでいて、
あってもなくても良いようなスローガン案ばかりでした。

こういった場合に多いのが、
状況描写で終わってしまっているケースです。
みんなの○○○とか、未来へ向かう○○○とか・・・・

だからいまひとつしっくりこないんです。
気持ちが入っていないんですね。

そういったことを申し上げると、考えるのは面倒だとか、
なかなかみんなが集まるのが大変だとか、
意見を合わせるのが難しいとか言われるので、尋ねてみました。
「そんな、大変で面倒な思いまでしてなぜこの活動をやっているのですか?」
そうすると、あれこれ思いの入った返答が返ってきました。
そこで、申し上げました。
「その思いをスローガンにしましょうよ」

なるほどと思われたのか、その後に見せて頂いた案には、
その団体ならではの言葉が散りばめられていました。

キャッチコピーでキャッチすること。

キャッチコピーの基本は、伝えたい人の心情に響く内容です。

これは使う場面(ツール)にもよりますが、
基本的には興味を持って目を留めてもらうためのものです。

一般的には、商品特長より、
それを使うとどう助かるか、どう楽しいかを知らせることが大事です。

お菓子などでは、「最上級の○○○の小麦を使った」ということより、
「懐かしいおばあちゃんの味」など、
その商品のお客さんへの値打ちの部分です。

ただ、間違えてはいけないのがあくまで
「伝えたい人の心情に響く内容」ですので、
商品によっては「話題の○○○を使用!」という
商品内容が響く場合もあります。

キャッチコピーの一番の役目は、キャッチすることです。
お客さんに何を言えば興味を持ってもらえるかが大事です。

キャッチコピーだけで買わそうとすると、
いろいろ詰め込みすぎて逆にキャッチできなくなります。

できるだけ短い言葉で、キャッチする内容を
スパッと表現しなくてはいけません。
考え方として分かりやすいのが「早い話が、○○○ということ」
という方程式です。
この○○○に当てはまる文章がキャッチコピーになります。