販促に使う写真。

販促に使う写真をおろそかにしている会社は多いものです。
光が足りない、変な影ができている、てかりがある、
などの素人写真では、せっかくの商品が台無しです。

商品以外の写真も、実は同じです。
販促物において、そういった不備な写真があると
それだけで会社のイメージがダウンします。

しかし、意外とそういう写真をカタログや
チラシに使っている会社は多いのです。
多少のことならコストをかけて
プロに頼む方が賢明です。

あるいは社内に器用な方がいたら、
いまは撮影機材が発達し、
素人でも良い写真が撮れるようになっています。
ちょっと練習すれば格段に良い写真が撮れるものです。

写真は、思いの外、イメージに影響するものです。