残念な話。:「大学受験をなくそう 」

2011年03月に起こった京大のカンニング事件。
ネットの質問サイトに投稿して回答を得たというやつである。

これはもう今後どんどんこの手の方法はどんどん高度になってきて
学校側も抑えようがないのではないか。
それを強力に抑えようとすると今度はきっと
正しく受験している人にとばっちりが来るだろう。

これは、日本の大学受験制度への警告なのではないだろうか。
もう意味のない受験はやめて、みんな大学にいれてあげて 卒業を難しくしよう。
そうするといいかげんな大卒が減り、社会が喜び、国力も上がる。
大学も儲かる。
子供たちは、小さい頃からの受験勉強がなくなって
発想も心も豊かになり、社会が幸せになる。
いいことづくめではないのか。

今回、カンニングが発覚した予備校生は、
彼の友達の話だとカンニングしなくても
京大に入れる十分な実力があったらしい。

今の受験生は、業者の模試を受ける。
そこで、偏差値によりA判定B判定と可能性の判定が出る。
A判定は、受かる実力がありますよ、後は運だけですよって話だ。

入学試験は、みんなを入れることができないので、
余分な人を落とすためにやる。
明らかに実力のない人は別として、
A判定の人でも運が悪ければ落ちる。
つまり・・・実質的に京大に入ってもいい人までをも
落とすためにやる。

たった一瞬の試験で、
「実質的に京大に入ってもいい人」を落とす。

京大に入れた人とA判定なのに落ちた人の違いは、
本番に強かったかどうか、運が良かったかどうか、
それだけだったりする。
実力は変わらなくても。
そんなつまらないことで、未来ある若者たちの
ある面の人生の明暗が分かれてよいものだろうか。
本人の長年の努力が報われない。

オリンピックのような競技なら、
ある種のお祭り(というと選手に失礼かもしれないが)のようなもの。
「ゲーム」なわけで、乱暴に言えば「遊び」である。

しかし、大学に入ることは違う。
それに、オリンピックのような限られた世界ではなく、
ごく一般の世界の話だ。
もちろん人生は大学がすべてではないが、
それはまた別の議論である。

いま、私大などではセンター試験の結果によっては
自動的に合格になる。
これって正しい使い方だと思う。
しかし、センター試験にしても、一発勝負なわけで、
いっそのこと業者模試を活用して、
3回分の平均で判定しちゃったらどうだろうか。
大学ごとに偏差値を決めて該当する人はみんな入れるようにして。
余り人数が多い場合は、くじ引きとか。
となるとまた運か・・・・・

しかし、実力があるのに運だけで落ちるのは、酷ではある。
京大に入る実力があったのに、
カンニングしてでも入ろうとした受験生をかわいそうに思う。