やるせない話。 :「幸せの総量」

東日本大震災のような、大規模な天災が起きるといつも思う。

幸せの総量はみんな同じというけれど、
大規模な天災では、
傲慢を尽くして生きていた人は天罰としても
いつかはいいことがあると思って頑張っていた人や
不幸の底に沈んでいた人も、みんな一緒にされてたくさん亡くなる。

そういう人たちは、どこで幸せが得られるのだろう。
「総量」というのは、この世とあの世との合算なのだろうか。