小さな会社のブランド構築に必要なこと。

最近になってブランド、ブランドと言われていますが
ブランドという考え方は、新しい考え方でも何でもなく
言葉こそ違え大昔から当たり前にに存在します。

老舗や名門などのお店は、
自然にブランド化されています。
商売の基本は、ブランドであるともいえます。

ですから、ブランドづくりという考え方は、
企業の規模に関係なく、規模が関係するのは管理の仕方だけです。

根本になるのは、お客さんに、
何をどのように提供するかという考え方だけです。
その考え方をいかに精度高く具現化するかで
いわゆるブランドとなっていきます。

ですから、さあ今日からブランドだということはあり得ず
ある程度の時間がかかるものです。

いわゆるブランドとして安定した信頼を得るには
幾多の障害と戦っていかなくてはなりません。

しかし、とにもかくにも根本の考え方が
微に入り細に入りしっかりとなければ
戦いもできません。

1.信頼を築くために

どんな規模であれ、お客さんと信頼関係を結ぶには、
まず企業がお客さんに提供する商品やサービスについて
確固たる自信と品質を保証できなくてはなりません。

そのためには、商品やサービスについて
確固たる考え方がなければ、品質はつくれません。
そのためには、企業がその事業に対する確固たる
確固たるコンセプトを持っていなければなりません。

そのためには、企業に確固たる理念がなければなりません。
逆に言えば、根本的な理念がしっかりしていないと
本当の意味でのブランドは生まれないと言うことです。

2.理念を明確にする

根本的な理念がしっかりあれば、
どのようにブランドを生み出す、
あるいは管理していけるのでしょうか。

ブランドと言えば、マニュアル化というような
考え方も起こりがちですが、
一番大切なのは、理念を会社全体でしっかり共有することです。

企業活動では様々な予期せぬ場面も訪れます。
そのひとつひとつについてマニュアル化することはできませんし、
できたとしても膨大でおぼえることはできません。

その点、理念を共有すれば、その場面で
どのように判断や行動をすれば良いかが分かります。
それは理念は、行動規範でもあるからです。
ただし、そのためには、社員全員が分かる理念であることが重要です。

ですから、結局、企業がより良い企業活動をおこなうには
理念がとても大切だということですね。

逆に言えば、理念がとても明解な企業は、
行動しやすく、ブランドにもなりやすく
成長継続がしやすいということもいえます。

3.理念の効果

会社の理念は、分かりやすいことが大事ですが、
大ざっぱと言うことではありません。

会社の目指すこと、提供すること、思いなどが、
社員が理解して判断できるだけの詳しさで
書いてあることが必要です。

判断に困るようでは、まだ不完全です。
一度に完璧に創らなくても
徐々に詳しく表していっても良いのではないでしょうか。

また、時代とともに微妙に変化していく部分もあるでしょう。
そういったことを常に会社全体で共有していることが大事です。

そうすれば、企業活動全体の行動の根本が統一され、
お客さんにも伝わります。
その積み重ねで信頼が生まれていきます。

意識せずともブランドになっているはずです。