変えたい話:「日本の体質 」

東日本大震災では、世界から日本人の復興の速さや譲り合いなどが賞賛されていて、
それはそれで良いことだと思うが、
一方で日本人の悪い体質もあり、それは、改めた方が良いに決まっている。

自分自身を含めて日本人の体質の悪いところは、
公的利益より保身を優先させることではないかと思う。
特に昭和世代は強いのではないかと思う。
平成世代になるにつれ、ちょっと変わってきているような気はするけど。

原発については、散々議論されているし、まだまだ途中だが、
世論は国民は悪くなくて企業、産業界、国が悪いという論調になりがちだ。
しかし、まわりまわってそれに国民が加担していることも
認識しておかなくてはいけないと思う。

例えば、これはある一面に過ぎないが、
東電に対し、過去から安全対策を行うよう警告がされていたが、
東電はやらなかった。いくつかの理由があるようだが、
そのひとつは、それを阻んでいたのは、東電ではなく産業界であるということだ。
そんな費用のかかることより、新しい原発を作って我々が操業を拡大し、
儲かるようにしろという話。
そういう大きい企業には当然政治も絡んでくる。
東電という半官半民の企業は、そういうしがらみを無視できない企業だ。
だから今回の事故は、産業界にも大いに責任がある。

そして、何も知らされされていないとはいえ(大方は知る努力もしていないし)、
その産業界が生み出した製品で、機嫌良く暮らしているのは国民だ。
産業界とつるんでごちゃごちゃやってるような政治家を選んだのも国民だ。
原発をつくっていなかったら、今の快適な生活はなかったかもしれない。
(それはそれでそんなものとして暮らしていただろうが)
そういう認識を持つ国民は何パーセントくらいいるのだろうか。

福知山線尼崎の事故もそうだ。
企業側の責任は、いろいろな理由で甚大だが、一方で利用者側の体質もある。
あれほどまでに緻密なダイヤを厳しく運行しようとするのは、
ちょっと遅れたらクレームを言ってくる利用者がいるからである。
災害で遅延しても文句を言う人がいる。
上層部は、保身したいし面倒は避けたいので、それを安全のために
聞き流すでもなく、はいわかりましたと現場へしわ寄せが来る。
その結果、努力の限界を越えて事故になる。
日本の鉄道は、世界でもまれに見る正確さだ。
それは、技術もあるが遅れを許さない環境があるからだと思う。

少しのことでいちいちクレームを言っていく体質。
面倒なことは避けて通る体質。保身体質。
そういうものが、尼崎の事故を生んだ大きな背景にあると思う。

かつてアメリカ有名ブランドのポロシャツをライセンス販売していた会社は、
製造としての歩留まり故の3%の不具合を0にするために、大きな投資を強いられた。
工業製品には、どうしても歩留まりがある。
しかし、日本にはその歩留まりの3%の不具合をクレームとして許さない消費者がいる。
その結果、本国の同製品より大幅に高い価格設定となる。
本国では、3%位の不具合、例えば糸のほつれなどは、あるものとして買い、
すぐに交換すると言うことで納得する。
日本では、そういうブランドは「品質が悪い」とレッテルを貼られる。

事故というのは、努力が足りなくて起こる。
事件は、我慢が足りなくて起こる。
尼崎の事故も、結果としては事故だが、その背景には
我慢が足りなくなった人がいたりするので事件でもある。
我慢とは、自分はもっといい思いをしたいけど
我慢しようということだ。
「我慢が足りなくなった人」は、加害者側だけではない。
直接被害にあわれた方は、そういう体質の犠牲者でもあるのではないか。

怖いのは、体質というものはなかなか変えられない。
頭で分かっても、体や心で分からないと変えられない。