商品企画と販促企画。

マーケティングの作業の中で重要な作業である、
商品企画と販促企画。
これは、一貫して行われる方が良いですが、
その本質は異なるものです。

これが、あまり認識されていないことがあり、
企画がうまくいっていなかったりします。

企業が商品企画に困り、広告代理店に商品企画を依頼し、
失敗することが多いのがこの点だと思います。

商品企画は、メリットづくりであり、
販促企画は、共感づくりです。

広告代理店は、共感づくりのプロであり、
メリットづくりのプロではないからです。
これは、企画と言うことで似ているようで違います。

商品企画は、お金を払って買っていただく商品そのものを企画することで、
対価に応じたメリットが買った人になければ買ってもらえない、
もしくは満足してもらえません。直接のコストをお客さんが負担しています。

販促企画は、商品を買って頂くために行われる営業活動の一環であり、
直接のコストを企業側が負担します。お客さんはコストを負担しません。

販促企画に必要なのは、お客さんが振り向いてくれる「共感」であり、
商品企画に必要なのは、お客さんが満足してくれる「メリット」です。
商品企画を「共感」の感覚で行うと失敗します。

そういう面で考慮が必要なのは、販促ノベルティの商品企画です。
商品の役割自体は「共感」を得ることですが、
手にした後、メリットがあれば気に入ってもらえてその企業への印象は良くなります。
しかし、それと肝心の売るべき商品が売れるのかは、
ノベルティと販促企画、商品との一連の関係性(ストーリー)にもよります。
しかし、少なくとも、ノベルティが良いと悪い気はしません。

ただし、あくまでノベルティの役目は「共感」を得ることです。
あるいは、ノベルティを含めた企画が共感を生むかどうかです。
メリットがあっても共感を生まなければ、商品の販売には結びつきにくいでしょう。
そういう面で、安価なノベルティでも、
選び方と企画性による共感づくりが、販促効果に影響します。