商品の価値。

商品の価格は、お客さんが買うときに明確に決まっていますが、
商品の価値は、お客さんによってまちまちです。

その商品を頻繁に利用する人にはコストパフォーマンスが高いですが
あまり使わない人には低いです。
あるいは、さほど好きではないけど必要だから買った人より
必要ではないけど大好きだから買った人の方が
価値は高いかも知れません。

また、その価値というのも心理的なことだけの場合もあれば、
実益を得るということもあり様々です。

いずれにしても、価格はひとつですが
その人にとっての価値は一定しないと言うことです。

満足度は、価格との差額によって生まれます。
利益ー価格=満足度
これがプラスであるべきなのは言うまでもありませんが
万一マイナスでも、そのお店(企業)の
接客や販売後のサポートなどでプラスにもできます。