公平な時代、文化が差別化に。

誰もが分け隔て無く情報を共有できるようにしたインターネットが世の中を変えました。
「誰もが分け隔て無く情報を共有できる」とうのは公平であると同時に、嘘やごまかしがしにくくなったと言うことでもあります。
最近の隠蔽事件や不祥事のニュースなどは、誤魔化していてもいずれバレるということを証明しています。

価格も価格.comに象徴されるように、どこが一番安いかが歴然と示されてしまいます。ですからそういった商品の販売店は、真剣にサービスの差別化を考えないと、価格が安いところに勝てません。アマゾンが強いのも品揃えだけでなく、トップクラスの低価格だからです。

ブロックチェーンが普及してくると金融も同じように公平化されていくでしょう。つまり世の中は、情報に於いてはどんどん公平化されていくということです。

商品作りや自社だけのノウハウは表に出ては困ります。しかし、それが完全に守られるかどうかは分かりません。どれだけセキュリティを強化していても、そこにいた従業員が退職し、世間に話せば簡単に公開することができます。そこは、仕組みでは防ぎようがありません。

ではどうするのか?
最後に差別化や情報漏洩の抑制ができるのは、美意識も含めた文化です。

文化だけは、なかなか見た目では分かりませんし、文章でも分かりません、その企業のいろいろな面の断片から総合的に感じる物です。だから他社には、真似ができないのです。

ブランド性と本質的には、同じですが、企業の文化は、対外だけでなく社内にも効果を及ぼします。
社内からの情報漏洩や隠蔽などを防ぐのも、従業員や元従業員にそういう気持ちにさせない企業文化(美意識)が効果を発揮するでしょうし、万一情報漏洩しても企業の損失につながらない(=他社にマネされない)文化の在り方というものがあります。

ある大手化学製品メーカーは、社内の製造ラインを驚くほど公に取材させてくれるという話が載っていました。普通なら企業秘密になるようなことでも見せてくれると。その理由としては、「他社が同じスペックや材料を使っても我が社と同じような商品は作れない。それは企業文化が違うから」と言うことでした。

企業の文化は、採用にも効果を発揮します。自社の文化が強固であれば、採用時にどのような人を採用すれば良いかが明快です。自社に合う人ばかりであればトラブルも少なくなります。
そもそも漏洩させるような人を採用しなくても済むかも知れません。また、自社の文化を明快に語ることができればそれに魅力を感じて優秀な人材が採用できるということもあるかも知れません。
自社の文化をつくるということは、とても効率用の良い企業活動を生み出します。
グーグルの採用基準の一番目は「自社の文化に合うかどうか」だそうです。

今、世界のトップ企業でも幹部が美意識を鍛えるということに注力しているようです。

情報が共有される時代、以前なら差別化要素になったスペックやノウハウだけにこだわっていても差別化できないと言えるかも知れません。