価格と値頃感。

値頃感というものは、決まっていません。
感なのだから、その人がどう感じるかですね。

つまり周辺の状況や環境に左右されやすいと言うことです。
ものの値段がどんどん下がってくると、
相対評価で値頃感も下がって来ます。

値頃感が分からない商品び出会った場合、
つまり結構なお値段だけれど、
高いのか安いのか分からないと言う場合は、
比較するものを探します。

アンティークの1点モノや新しい商品やサービスなどですね。

そういう商品は、比較するものを提示してあげると
値頃感を感じてもらいやすいという事になります。

つまり同じ商品で同じ値段でも
比較情報の提示に仕方によって価値が変わってくると言うことですね。