会社という組織

今後のマーケットがどのようになっていくかについて
ある人は会社という形態そのものが終焉を迎えるといいます。
組織のあり方が変わってくるということです。

それらが信憑性があるのが、現状の企業には
組織的な問題が山ほどあると言うことです。
ちゃんと機能しない組織をムリヤリ
機能させているようなところがあります。

世界的な経済不安で資本主義自体が
行き詰まっているのではないかと言われる中、
そういった今までの資本主義の考え方による
組織も行き詰まっている感じも非常にリアリティがあります。

行き詰まった組織の中で鬱になる人が増え
組織も機能しなくなり、大きな会社があっというまに
消えてなくなったりします。
そういう時代を迎えつつあるのではないでしょうか。

そんな中で従来のような考えで商売を考えていても
やがて行き詰まります。

経営者は組織のあり方自体を
考えなければいけない局面に来ていると思います。
これはまだ全体的な話だとしても、現実にこまかいところで
そういった現状が出てきているはずです。
そこを従来型の頭で、無視していては、見誤ります。
その変化をちゃんと捉えていないといけないと思います。
固定観念にとらわれていると見逃してしまいます。