中古市場考察—修理−2

中古からちょっと脱線してしまいますが修理の話です。

素人でもできる修理ではなく業者に頼む修理市場の可能性。

こちらも情報による面が大きいと思いますが
今まであきらめていたけど修理できるのなら
修理して使いたいというものはあるものです。

ボロボロになったバッグや靴が新品のように再生されたり
家具がキレイになったりという分野です。

これは素人には無理で、
熟練した専門家の分野です。

この「あきらめていた」というところが重要で
市場は潜在していると言うことです。

「こんなボロがキレイになるはずがない」と思っていたのが
「なる」ことを知った時点で需要が発生します。

インターネットなどで知ることができる時代です。
うまく知らせることによって需要が発生し、
また不要品としてのゴミもなくなるのです。

ものを大事に使う精神は、大事なことだと思います。
これからの時代には、重要な分野なのではないでしょうか。