マーケティング調査の精度。

マーケティング調査は、そのやり方によって
精度がかなり違ってきます。
調査の対象が、うつろいやすい感情をもった人間なので、
そのあたりを考慮する必要があります。

人間の記憶や発言はある意味いい加減です。
よく言われる話ですが、
事件の調査で、目撃者がクルマは確かに青だったといっても
事件が解決すると実際は赤だったりすることがあるそうです。
記憶を都合の良いように作ってしまうらしいですね。

アンケートをしても、その場で答えたことが
真意であるかどうかは分からないのです。
そのあたりの精度については統計学で数の論理があると思いますが、
そういったゆらぎやすい状態があることを考慮に入れて
調査したいことに対して、どのような手法を使えば良いかを
入念に練らなければ目的の情報は得られません。

しかし、そうやって調べても
どこまで行っても仮定でしかありません。