ブックオフの革新性。

ブックオフ古本ビジネスでなぜ成功したか、
その本質は本の流通革命とも言えるものです。

ブックオフが扱うのは古書ではなく新しい本です。
古書ではない「中古本」です。

目利きがなければ扱えなかった「古書」ではなく、
「中古本」をアルバイトでも買い取りと値付けができるように
「ルール化した」事が画期的です。

そのルールには非常に細かい考慮があるようですが、
その結果、新刊書に近い本を
自由な価格で売ることができたという点が、
本の流通として革新的なところです。

本は再販制度に守られて
書店は自由な価格で売ることができません。

小売店が価格主導権を持っていないというのは、
現代では非常に珍しいし、時代遅れの
流通形態とも言えるのではないでしょうか。

面白そうな本もそうでない本もすべて定価販売です。
新刊本などで、もっと安ければちょっと読んでみたいと思う本も
定価なので買わないか、立ち読みで済ますかです。

それに対してブックオフは、売れない本は、
価格が下がっていきます。
だから前述のような本は、ブックオフに行くと買って読めるのです。
なんか、ねじれてますよね(^^)

本離れ、活字離れなどと言われますが、
実は、新刊書の流通が売る側の都合をお客さんに
押しつけているからなのではないでしょうか。

それに面白いのは、ブックオフに並んでいる本は、
すべてが一度売れた本であると言うことです。

新刊書店には、売れる本も売れない本も並んでいますが、
ブックオフに並んでいるのは、売れた本なのです。

ということは、売れ筋が並んでいると言うことです。

こうしてみるとブックオフのビジネスモデルは、
本の流通に関して多くの示唆を含んでいることが分かります。